FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

くつろぎの空間で、本格カレーと焼き菓子そして珈琲を。「壁と卵」(新代田)

この一年で個性派カレー店がさらに増えた下北沢エリア。
環七沿いに誕生したこちらのお店も見逃せません。


「壁と卵」

2019年11月30日オープン。


個性的な店名は、村上春樹氏がエルサレム賞授賞式で行ったスピーチから。

「高くて硬い壁と、壁にぶつかって割れてしまう卵があるときには、私は常に卵の側に立つ」

権力やシステムという「強者」と、それに潰される「弱者」。
どちらが正しい、ではなく、いやむしろ何かが間違っているからこそ弱者の側にいたとしても、
文学はそちら側に立たねば意味がない・・・・というような意味でしょうか。

店名に込められた一筋縄ではいかない想い。
それは店内の世界観にも表れています。

数多あるレコードや書籍。
もちろん村上春樹の本だって。


店内に散りばめられたアナログなガジェットも、
何とも言えない温かみを醸し出しています。

カレーは定番のチキンに加え、日替わりが出てくる日も。
まずは、定番から。


★チキンカリー ¥880

カレーライススタイルではありますが、ライスはインディカ米。
パパドやアチャールが添えられており、アプローチ的にはまさにインド。


カルダモンにシナモン、マスタードシードが香り、ヨーグルトの柔らかさも心地よいですね。
店内の雰囲気そのものの、穏やかでありながら、豊かに香る、飽きがこないカレーです。

そして、この日提供されていた日替わりがこちら。

★ビンダルー

ビネガーの酸味が特徴的な、インド西海岸ゴアの名物カレー。
音楽で言うならばビートルズですね。


予想以上にビネガーの刺激は強め。
なかなか個性的で、具材のポークに酸味が良く合います。

先ほどのチキンカリーが日常なら、こちらのビンダルーは時折の刺激、と言ったところでしょうか。

そして、カレーと並ぶほどお勧めなのが、焼き菓子と珈琲。

★市田柿のパウンドケーキ

長野産、再高級の干し柿として知られる市田柿。
そのギッシリとした食感が堪能できるパウンドケーキ。
これは美味い。


★グアテマラ ¥450

豆の産地ごと選べるこだわりの珈琲。
げに、カレーの後の珈琲は良いものです。

ゆったりした空間で、読書しながらならなおさら・・・・・

多くのカレー店が犇めく下北沢エリアですが、ここまでゆったりしたカレー店はなかなかなかったかも知れません。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4641-fa9e99bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)