FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

銀座を見下ろしながら、スパイスカクテルとモダンインディアンキュイジーヌバーフード。「GREY ROOM」(銀座/有楽町)

革新的なモダンインディアンキュイジーヌとして、東京の飲食業界に旋風を巻き起こす「SPICE LAB TOKYO」。
その同じビルのワンフロア上の11階に、同経営のBARが同時オープン。

「GREY ROOM」(グレイルーム)

銀座地上30階という絶好のロケーション。
昼は最高級のインド産コーヒーや紅茶が楽しめるティーラウンジとして、
夜はバーとして、スパイスやインド産の茶葉やコーヒーなどを効かせた独創的なカクテルや、⽇本産の⾼級スピリッツ、そしてSPICE LAB TOKYOによるモダンインディアンキュイジーヌのバーフードが楽しめます。


この日は「SPICE LAB TOKYO」でコースディナーを堪能したのち、もう一杯をと訪問。


バックライトに輝くボトルを眺めるカウンター席。


ゆったりと寛げるラウンジ席。


銀座を見下ろすテラス席。

レセプションやパーティーで使っても最高ですね。


この日はしっぽりバーカウンターで。


「SPICE LAB TOKYO」でも提供されているスパイスカクテルをいただきましょう。


★プルマミ ¥1600

梅酒、梅ビターズ、カルダモンで作ったカクテル。


梅酒は山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽熟成梅酒を用いています。
和印融合のスパイスカクテルですね。


深めのグラスで揮発するカルダモンの香りを楽しみながら。


インドのスナックやおつまみも出てきます。

今回は「SPICE LAB TOKYO」からの梯子でしたが、こちら単体で訪れたときも、
サモサなど「SPICE LAB TOKYO」のコースに組み込まれているスナックフードが単品オーダー可能。

なるほど、他所でディナーを済ませたあとにこちらで、
モダンインディアンキュイジーヌをひとつまみしながらスパイスカクテルをいただく。
そんな使い方も粋ですね。

「GREY ROOM」公式サイトはこちら
「SPICE LAB TOKYO」公式サイトはこちら

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第5便
カレーとハラール。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

THE GREY ROOM



関連ランキング:バー | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4614-379eea03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)