FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

衝撃的完成度。最早これは新たなるスパイス麺料理。「スパイス・ラー麺 卍力 秋葉原店」(秋葉原)

秋葉原に、ちょっと衝撃的なスパイス麺のお店が登場。



「スパイス・ラー麺 卍力 秋葉原店」(まんりき)

2019年8月14日オープン。
今や日本最大のインディアンタウンとなった西葛西に一号店を持つ、超個性派ラーメン店です。


カウンター席の頭上には数多のスパイスがディスプレイ。
ただならぬ空気感を醸し出しています。

オーダーは券売機にて。
パクチー増しや肉増し、トッピング、辛さ増し&スパイス増しとカスタマイズが可能ですが、今回はシンプルに基本のキで。

★スパイス・ラー麺 ¥800

まず、醸し出すオーラが尋常ではありません。
単に奇をてらった変わり種ではなく、確信を持って構築された威厳すら感じます。

ここで念のため確認しておくと、これはいわゆる「カレーラーメン」ではありません。

スープを一口すすればまず、酸辣湯麺の如きインパクトある酸味が。
いきなり固定観念が覆されます。

中太で存在感ある麺を引っ張り上げると、ムワッとしたスパイスの香りが。

コリアンダーシードにクミン、カルダモン・・・ホールスパイスがしっかりテンパリングされた香味オイルが麺に絡みつきます。
そして八角すなわちスターアニスの甘い香り。
さらにヒリッと喉に染み渡るブラックペッパーの辛み。

インド?中華?ベトナム?マレーシア?
何かに似ているようでどれとも違う。

同じく「スパイスラーメン」を標榜する店に「釈迦」がありますが、そちらは明確に南北インド料理を強く意識しており、この「卍力」はコンセプトからして違います。

これは最早、孤高にして絶品なる、独自のスパイス麺料理。

日々熱帯化する日本、あたらしいスパイス料理が生まれる素地が日々育まれていると思うと、嬉しくもありますね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第5便
カレーとハラール。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイス・ラー麺 卍力 秋葉原店



関連ランキング:ラーメン | 秋葉原駅末広町駅仲御徒町駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4579-ab8152f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)