fc2ブログ
2019/09/07

Post

        

六本木、夜明け待ちの名物カレーうどん。「祇園亭」(六本木)

category - [六本木,神谷町]
2019/ 09/ 07
                 
ランチ&ディナー抜きのネバーエンディング仕事の果て、夜明け前にカレー食っとかなきゃな。

と、ふらり散歩がてら六本木。
どこまでもついて来るマッサージのお姉さんと、道路の端々で睨みをきかせるアフリカン兄さんたち。

昔は一人歩きドキドキだったけど今平気なのは、勇気が育ったわけでなくて、いろいろ麻痺してるんだな多分。


「祇園亭」

朝方までやってる牛タンのお店ですが、名物のカレーうどんとカレー鍋があるんです。

向こう三軒両隣には、
朝方までカレー麺が食べられる「実之和」
朝方までカレーうどんが食べられる「つるとんたん」
朝方まで牛タンが食べられる「たんや又兵衛」
があり、酔って間違える人もいそうですね。


カウンターには焼酎・日本酒がズラリ。
その奥の冷蔵庫には立派な牛タンが吊るされています。


★生レモンサワー ¥700

お通しはサーモン。
あとで会計確認したら700円でした。

牛タンは串で2800円。
もっともっと上のメニューもたくさんありますが、夜明け前の一人メシにはオーバースペック。

ここは盤石のカレーうどんをいただきましょう。

★名物 和牛しぐれ チーズ餅カレーうどん ¥1300

このお店の相場からすれば随分リーズナブルな設定です。

まるっこい器の中には「古奈屋」を彷彿とさせるクリーミィなカレーうどん。
とろけたチーズと、艶やかな和牛しぐれ、そして大きな餅が入っています。

実際食べてみると、見た目ほどコッテリではなく、朝方に丁度いい感じ。
チーズと餅のまろやかさと、ほどよい麺のコシ。
さすが名物を謳うだけのことはありますね。

平日は朝5時まで、金曜はなんと朝7時まで営業。
いろいろな意味で六本木の夜っぽさもありますが、心の片隅に小さくメモしておくと良い店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:居酒屋 | 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅

関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント