FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

【12月1日クローズ】バングラデシュ人シェフによるハラール洋食の名店。そのカレーに痺れる。「プランポーネ」(江古田/新江古田)

江古田。
バングラデシュ人シェフによる、完全ハラール対応の激ウマ洋食レストラン。

「プランポーネ」

お店のオープンは2012年。
元々イタリア料理店だったのが、2019年8月1日より完全ハラール対応レストランとして生まれかわりました。


かねてから、ムジャ店長が生み出す独創料理の味は評判が高く、取材や受賞もあれこれ。
知る人ぞ知る江古田の名店なのです。



木材を基調とした店内には、近隣の子連れママさんたちやムスリムの方々が。


奥には授乳室兼礼拝所。
ムスリムのお客さんが料理を待つ間に礼拝していたのが印象的でした。


まず少し時間をおいてやってくる(ここがミソ)のは、自家製ドレッシングのサラダ。
フレッシュなレタスやトマトのシャキシャキ食感が最高です。
良くある作り置きで場つなぎ的に出すしなしなサラダとは雲泥の差、お店の真摯な姿勢が出ています。

さて、「プランポーネ」の看板メニューといえばこちら。

★ ☆金賞受賞!☆ 江古田ハンバーグ ¥1500

服部幸應先生や平野レミさんらが審査員を務めたNHK主催『しょうゆレシピコンテスト』で金賞を受賞した絶品ハンバーグ。
しっかりした肉質のハンバーグに照り焼きソース、トッピングに紫蘇、ミョウガ。
これがなんともクセになる旨さなのです。

和の素材をスパイス&ハーブとして用いるアプローチ、さすがムジャさんです。

ちなみにこちらの江古田ハンバーグ、提携している「マヒ グローバルダイニング」にもレシピ提供しており、そちらでもいただけます。


★ボリューム満点!スペシャルハンバーガープレート ¥1300

こちらは江古田ハンバーグと同じハンバーグを用いたハラール仕様のハンバーガー。
バンズはトルコ料理&トルコパンの「ミセスイスタンブール」によるもの。
ポテトもついて、気分は本格グルメバーガー店!

イタリア料理店ならではのメニューもあります。

★とろ~りチーズのラザニア 自家製ミートクリーム仕立て ¥950

こちら人気ナンバーワン、不動の定番メニュー。
アッツアツクリーミィな美味さで、確かに唸るクオリティ。
平打ちで薄いパスタを用いており、おこげのパリッと感もまた楽しいのです。

さて、こちら完全ハラール対応店ですので、アルコール類は置いていないのですが、かわりに面白いものがあります。


★忍者ラガー ¥400

日本初、ハラール認証済みのノンアルコールビール。
ノンアルなんですが、ビールとしてかなり美味い!
飲んだあと、麦の香りがフワッと拡がりクセになります。
ドイツ産麦・ホップ使用だそうですよ。

そして、やはりバングラデシュ人店長のお店。
カレーだってちゃんとあります。
けれど流石「プランポーネ」、普通のカレーライスでも、普通のインド・バングラデシュカレーでもありませんよ。


★ムジャ店長のこだわりマトンカレー ごろごろ野菜のガーリックソテーかけ ¥1000

こちらバングラデシュのスパイスを用い、日本のカレーライスに敬意を払い、イタリア料理の手法を用いた、ムジャさんにしか作れないカレー。


ビシッと効いたブラックペッパーにブイヨンの旨み、中華カレーのようなとろみがクロスした味わいは、超絶と呼んでいい美味さ。

具材にはしっかりした羊肉に加え、ジャガイモ、ニンジン、ナスなどのソテー。

2020年を間近に控えニッポンカレーライスのハラール対応が問われる今、ハラールでありながら食の楽しみを犠牲にせず、独自アプローチを究めた、これは大傑作カレーと呼んでいいでしょう。

デザートだって抜かりはありません。

★こだわりジェラート 焦がしキャラメル ¥450

甘さ控えめで、キャラメルの苦みが際立つ超オトナ仕様。
個人的にかなーり好みで、リピートしております。
ぜひお試しを。

ハンバーグ、ハンバーガー、イタリア料理、カレー、ジェラートと、何を食べても圧倒されるこちらのお店。

ですが、こんなお知らせが飛び込んできました。

この「プランポーネ」、7年の営業を終え、2019年12月1日を持って店舗をクローズすることになったのです。

といっても活動自体を終えるわけではなく、ムジャさん夫妻がかねてより始めていたハラールコンサルティングをはじめ、店舗を持たない不定期営業として料理提供の機会もあるみたい。
今後の展開は「プランポーネ」Facebookページにて発表していくそうです。
また「マヒ グローバルダイニング」でのハンバーグ提供も継続される見込みです。

とはいえ、カレーを始めとした絶品料理をレストランでいただく機会は残り僅か。
気になっていた方はお急ぎくださいませ。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

プランポーネ



関連ランキング:洋食 | 江古田駅新江古田駅新桜台駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4470-46d72b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)