FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

神保町の海南鶏飯はどこの海南鶏飯?「海南鶏飯 天鶏」(神保町)

神保町にあるチキンライスのお店。

「海南鶏飯 天鶏」

「ハイナン・チーハン テンチィ」と読みます。
海南島にルーツがあるとも言われ、東南アジア全域で親しまれるチキンライス。
マレーシアやシンガポールでは「海南鶏飯」、タイでは「カオマンガイ」、ベトナムでは「コム・ガー」、インドネシアでは「ナシアヤム」など、呼び名や仕立てが違うチキンライス


この店は、さて・・・。


オーダーは券売機にて。
メニュー構成を見ると、タイ料理寄りですね。
けれど、タイ人経営なら「海南鶏飯」ではなく「カオマンガイ」を名乗るはず。

ふむふむ。

シンガポールやマレーシア人経営なら、もっと「我が国の名物」感をアピールするはずですし・・・


あ、インテリアを見て、ピンときました。
これ、実はミャンマー人経営じゃない???

いろいろ腑に落ちるんですよね。
ミャンマー人って、タイ料理店で働くことも多いし、自国料理を謳わずに「アジアン」な括りでアピールしがち。
それに、看板の緑と赤と金、これってミャンマー人が好んで使う配色・・・・

いや、これ、確証はないんです。

実は全然違ったってことかも知れない。

でも当たってたら面白いなぁ。

(違ってたらごめんなさい)

さて、そんなこんなでやってきました、お店の看板メニュー。

★海南鶏飯 ¥700

なかなかにリーズナブル。

そして、カオマンガイか海南鶏飯かで言えば、海南鶏飯飯の仕立て。
つけダレがタイのナムチンじゃなく、ブラックソイソースとチリソースですし。
(シンガポールの海南鶏飯にはもう一つ、ジンジャーソースが付くことが多いですが)


ライスはジャスミンライスを鶏ガラで炊いたもの。
ちょっとパッサリしています。


蒸し鶏はボリュームなかなか、味はすっきりシンプル。
タイのカオマンガイのようで、ちょっと違う。
シンガポールの海南鶏飯のようで、やっぱりちょっと違う。

独特の感性、やっぱりミャンマーなのかなぁ。

当たってたら面白いなぁ。

(違ってたらごめんなさい)


●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!

Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

天鶏



関連ランキング:タイ料理 | 神保町駅竹橋駅新御茶ノ水駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4436-e3608927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)