FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

インネパの見本なお店かな。「インド・ネパールダイニング&バー マナカマナ」(水道橋)

いわゆる「インネパ店」というジャンルがあります。
つまりネパール人によるインド料理店なのですが、バターチキン、ナン、タンドリーチキンという3つを軸に、彼らが本国では食べない日本人向けテンプレート料理を提供するお店、という意味合いが強いです。

それらインネパ店は、けれども日本のインド料理店の過半数を占める軒数。
その背景には、ネパール人の日本就労への足掛かりとして定まったビジネスコースの存在、そしてそれを斡旋する業者の存在があります。

水道橋の路地で見かけたこの店は、まさにそんなインネパ店の典型。

「インド・ネパールダイニング&バー マナカマナ」

「本場の」という言葉を良く用いるのもインネパ店の特徴。
それがインドかネパールかを曖昧にできる素晴らしい日本語です。

ちなみに「インドの三ッ星ホテル出身の本場シェフ」という言葉の意味としては、
「インドの三ッ星ホテルで中華を担当していた、本場ネパールのシェフ」という場合も多いので、言葉の裏を読む楽しみがあるのも、インネパ店の特徴といえましょう。

宗教や文化的に扱う食材の制限が少ないネパール人は、インドや中東のホテルやレストランでも重宝されるんです。
ムスリムのシェフに酢豚は作れませんから。

それと、開店・閉店のサイクルが早いのもインネパ店によくあること。
日本就労への足掛かりが目的の場合、税金のこともあり一年半以内に次のネパール人に店を譲り閉店することも多数。
店名がコロコロ変わるお店が多いのは、そのような理由です。
但し、店名と中の人が入れ替わっても、提供するテンプレート料理は変わらないので、内装・設備・時にはメニュー自体も使いまわせるわけですね。(メニューの店名表記が別店になっていることが多いのもその理由です)

テンプレートインド料理を提供する街場のインド料理店には、ネパール人によるインネパ店の他、バングラデシュ人による店、パキスタン人による店などもありますが、見分け方は簡単。
インネパ店には、お店のどこかにヒマラヤ山脈の写真が飾っていますから。

ということで、こちら「マナカマナ」。
あらゆる要素が、「これがインネパ店だ」という見本のよう。

ドリンクメニューは割と充実・・・という風に思えますが、実は置いていないものが多く、ネパールビールならある、とのこと。


★ネパールアイス ¥600

ええ、暑い日にピッタリ、美味しいんですよ。

そして料理。
テンプレなインネパ店でテンプレなインド料理を頼むほど、予定調和なことはないので、あえてずらしたこちらを注文。


★チキンビリヤニ ¥1000

インネパ店のビリヤニっていろいろあって、ガラムマサラ混ぜたチャーハンを「ビリヤニ」と言い切る店もあり、想像の中で作った「ビリヤニ」とは名ばかりの創作珍料理を出す店もあり・・・

そんな中、こちらの店にはビリヤニとは別に「フライドライス」というメニューもあったので、ではちゃんと違いをつけてるんだろう・・・ということでオーダー。

野外の炊き出しみたいな盛り付けですが、お米はしっかりバスマティ米でした。

いわゆるビリヤニキット的なもので作ったのでしょう。
料理としてはビリヤニ、ただホールスパイス感はありません。

実はフライドライスの方が、わかりやすく美味しいのかも。

客は私一人の為、揃ってテレビに熱中するネパール人スタッフたち。
彼らの日本での目標、モチベーション、お店への想いについて、いろいろ想像を巡らせてしまうのでした。

ちなみに板橋・大山にあるネパール料理の名店「マナカマナ」とは、全く無関係です。念のため。


●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!

Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インド・ネパールダイニング&バー マナカマナ



関連ランキング:インド料理 | 水道橋駅神保町駅九段下駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4434-bd335c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)