FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

反逆のスパイスカレーはレゲエに乗って。「レベルカレー」(本町)

昨今の大阪スパイスカレーの隆盛は、やはりSNS、特にInstagramによるものが多いと感じます。
真俯瞰から見たビジュアルの美しさ、それが大阪スパイスカレーを全国に知らしめた重要ファクターであることは間違いありません。

けれどもそれには弊害もあって、盛り付けが華やかになればなるほど、そしてお店が増えれば増えるほど、「どれも同じ」ように見えてきてしまう。
年配の方が若手アイドルを「皆同じ顔」と思っちゃうように。

けれども、当然ながらカレーは料理。
実際に皿を目の前にして、香って、味わって、はじめてそのお店の個性が滲み出るもののはずなんです。

今回ご紹介するお店も、インスタ上ではあの店やその店に似てる感じ・・・と見えちゃっていたお店。
けれど、実際に食べてみたら全然違ったんです。とても個性的。

場所は大阪・本町。雑居ビルの二階。

「REBEL CURRY レベルカレー」

オープンは2014年ですが、2019年1月にリニューアルオープン。
「REBEL」とは「反逆者」の意味で、「レゲエ=レベル・ミュージック(rebel music・反抗の音楽)」という繋がりから名付けたとの事。


もともと「Rock Bar ELWOOD」というお店のランチ間借りで始めたカレー屋ですが、2018年末をもって「Rock Bar ELWOOD」は閉店。
リニューアルを機に、ロックテイストをレゲエテイストにガッツリ上書きしております。


店内に流れる音楽もレゲエ。
そうだよね、この空気感や音って、インスタとかで削がれている部分ですよね。


メニューはシンプルにチキンカレーとチキンキーマのみ。
トッピング、ライスの量、さらにターメリックライスか雑穀米かがえらべます。


★定番チキンカレー ¥950
(グリルチキン×2個 チキンキーマ)


ベースのカレーはシャバシャバで鰹の旨みたっぷり。
そこに粗挽きのホールスパイスがザクザクと。
さらにドライなキーマからもホールのブラックカルダモンやブラックペッパーなどの大物がゴロゴロ。
辛さもチューニング無しながらなかなかのもの。
こりゃあパンチあるなぁ。

そして具材となるグリルチキンはボリュームたっぷり。
下味もしっかりついており、なるほどこれはジャマイカのジャークチキンをイメージしているんジャナイカ。

なかなかハードボイルドな刺激が得られる、まさに「反逆の」カレーでありました。
ここまで骨っぽいお店とは、思わなんだ。

まさに百聞は一食に如かず、ですよ。


●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!

Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

レベルカレー



関連ランキング:カレーライス | 本町駅堺筋本町駅心斎橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4365-a922f7ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)