FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

あの旬香亭が、二大国民食へと発展的回帰。「駅前スタンド 湯気 with 旬香亭」(静岡)

静岡で偶然、素晴らしい新店に遭遇!

静岡駅北口から線路沿いに西へ。
コンテナを改装した、気になるお店。

え?カレーと中華そば!?


え!?旬香亭!??


「駅前スタンド 湯気 with 旬香亭」

東京ではトンカツの名店「ポンチ軒」やカツカレー専門店「ジーエス」などで知られる旬香亭、実は静岡が本拠なのですよね。

こちらは旬香亭プロデュースによる、カレーと中華そばメインのスタンド居酒屋。

オープンは2019年3月18日だそうです。


コンテナだけに細長く、カウンターのみの店内。


オーダーは食券制です。


おぉ、静岡ではカレーの他、ラーメンとおでん、そして静岡の地酒もいただきたいと思ってた!
全部あるじゃないですか。最高じゃないですか。


★本日の日本酒 磯自慢 ¥450

焼津市の老舗酒蔵「磯自慢」。
キン!と冷えて澄んだ綺麗な味ですね。


★夜限定 鶏白湯おでん つくね ¥250

いやもう、これ食べたほうがいいですよ。
いわゆる大衆的な静岡おでんとは違って、料亭の味。
ボリュームもたっぷりで、これ手軽にいただけるの素晴らしい!


そしてメインはカレーと、湯気ソバ。
湯気ソバって何?

★湯気ソバ(温)+ミニカレーセット ¥1000

で両方楽しんでみましょう。


◎名物湯気ソバ

うわぁ、一見めちゃめちゃ昭和な、小池さんがすすってそうなラーメン。
けれどスープはかなーり少な目で、湯気のような泡がトッピングされています。

・・・実はこの泡、トリュフで香りづけされているんです。


油そばのようにスープを絡め、泡を崩していただきましょう。

・・・うわっ、なんかめちゃめちゃ美味いですよこれ。
ラーメン食べたい気分を裏切らない、ラーメンど真ん中な味。
それでいて、油そばのような濃度と香りで麺自体を愉しめるという・・・・

別添えで追いスープが用意されているのですが、そのまま飲んでも良し、麺に加えて風合いの変化を楽しむもよし。

カレーだって手が込んでいます。

◎オリジナルカレーライス(キーマスタイル・ミニ)

カレーの中にキーマ、カレーの上にもキーマ。
どことなく中華カレー的な味わいがあると思ったら、なんと隠し味に白湯を用いているそう。
最初にいただいたおでんの白湯がこちらにも生かされているわけですね。
なるほど納得の工夫です。

流石は旬香亭、一筋縄ではいかないアプローチ。
斬新なアイデアが満載で懐かしくも新しい味ですね。

それにしても、和食とフレンチの融合で名を馳せ、とんかつを極めた旬香亭。
ここにきて「ジーエス」ではカツカレー専門店に挑戦したり、この「湯気」では二大国民食であるラーメンとカレーを看板にしたりと、ニッポンの大衆食への発展的回帰を試みているのが、実に頼もしく、興味深いことであります。

ちょっとヤバいな。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

駅前スタンド 湯気 with 旬香亭



関連ランキング:ラーメン | 静岡駅新静岡駅日吉町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/4333-4510a13b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)