fc2ブログ
2019/01/21

Post

        

インド人支持絶大の小さな北インド系良店。「DOWNTOWN B's ダウンタウンビーズ」(六本木一丁目)

category - [六本木,神谷町]
2019/ 01/ 21
                 
「ハムザ」「バーブ」とインド料理店が続いた六本木一丁目のあの場所に、またインド料理店が入っていました。

けれど今回は今までとちょっと違うようですよ。

「DOWNTOWN B's ダウンタウンビーズ」

まずお店の作りが気合い入ってます。

そしてビックリしたのは、店内インド人客で大盛況!
他に1組だけ日本人グループがいらっしゃったのですが、どうやらインド関連のお仕事のようで。

調べてみるとトリップアドバイザーに120件の口コミ。
六本木のレストラン414軒中2位の評価を受けていたんですね、凄い!
(※2019年1月現在。ちなみに1位は「伊勢すえよし」)

今や、出したい料理とそれを食べたい客層のマッチングは色々。
食の多様性という観点において喜ばしいことです。

ということでこちらのお店、一般日本人のテンプレに合わす必要のない料理ラインナップ。

ベジ対応もオッケー(実は重要)、世界基準であります。


★カシスラッシー ¥480

この立地ですからお酒需要は欠かせません。
六本木の飲み屋として見てもリーズナブル。


★マサラ アルー ティッキ ¥580

インドのつまみがあるのも好ポイント。
以前はこの使い方「スワガット タパス&バー」が担っていたんですが(こちらもインド人客が多かった)、今は無いですから。


★ビンディ ド ピアザ ¥930
★タンドリーパラタ ¥450


カレーはベジで攻めてみました。
クミンとタマリンドがしっかり効いたオクラのドライカレー。
こういうのをちゃんと出す店が良いんです。

パリッとしっかりした噛みごたえのタンドリーパラタ。
ケララのフワッとしたパロタも良いけれど北インドの味付けにはこちらが合いますね。

そうこうしているうちにも続々とやってくるインド人客たちで店内は満席。
ついには待ち客まで現れる盛況ぶり。

北インド系のお店がいまいち盛り上がらない東京ですが、ちゃんと海外から評価されているお店があることを知っておくべきですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ



関連ランキング:インドカレー | 六本木一丁目駅六本木駅赤坂駅


関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント