FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

アフリカンスポッテッドキャット

FLYING ROPEFISH!
アフリカン・スポッテッドキャット
学名:Parauchenoglanis sp.
最大長:20~25cm
原産地:西アフリカ

アフリカに分布するギギ科のナマズ。
アフリカンスポッテッドフィッシュの名前で数種が入荷しています。

ギギ科の中では特に温和で、
同じアフリカのギギ科であるオーネイトキャットとも少し雰囲気がよく似ています。
(実際、スピーシーズの「熱帯魚・水草2300種図鑑」では
オーネイトキャットと写真が入れ替わって掲載されていました。
現在刊行中の「熱帯魚・水草2700種図鑑」では修正されたようです。)

FLYING ROPEFISH!
底棲性で、比較的物陰に隠れることを好みます。
が、餌を見ると暴れんばかりに飛び出してきて、
餌を食べるとまた物陰に戻っていくという、
南米のウッドキャットにも似た性格を持っています。

FLYING ROPEFISH!
ピンクがかった茶色がなんとも言えず魅力的。
こういう色はなぜかアフリカ産の魚類特有のものです。

FLYING ROPEFISH!
Parauchenoglanis属には10種以上の種類が含まれていますが、
識別はかなり難しく、種の特定は非常に困難です。
なぜなら、この仲間は幼魚時と成魚時とで模様が著しく変わるものが多く、
識別のガイドラインとなる生体写真があまり存在しないからです。
「fishbase」でもそのほとんどが乾燥写真で参考にならないし、
「世界のナマズ」でも「複数種が含まれる」という記述にとどまっています。

いずれにしろ魅力的なナマズであることには間違いないのですが。
FLYING ROPEFISH!
顔のアップ。
ひげの先がちょっと損傷しています。
かなり激しく砂を掘ることが多いので、
自然下では地中の餌を食べて生活しているのでしょう。
もちろん、水草は掘り返されるので不可です。

現在は大磯砂での飼育なのですが、
もっときめ細かい砂のほうがベターなのかもしれませんね。

アフリカのナマズはなかなか奥が深い。

日々勉強です。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/420-235ee311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)