FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

移転統合して再スタート!新宿を代表する激辛ゲーンも健在。「ピッチーファー」(新宿西口/新宿)

一昔前までは、新宿の激辛カレーといえば必ず名前が挙がっていたタイ料理店「ピッチーファー」。

新宿西口にあった2店舗のうち本店が休業した後、2号店「ピッチーファー2nd」のみが営業していたのですが、このたび、本店があった隣のビルの地下に移転統合。
新たに「ピッチーファー」として営業を開始しました。


「ピッチーファー」

周囲を包み込む昭和感もたまりません。


コンクリート壁をペイントしただけのシンプルかつ現地感ある内装。
隠れ家気分にワクワクします。

さて、「ピッチーファー」といえばやはり、タイ東北イサーン地方の激辛カレー(ゲーン)、ゲーンパー。
ココナッツミルクを用いず、唐辛子のストレートな辛さと、野菜と融合した旨味が魅力の一品です。

今でこそ、イサーン現地式のレストランも増え、カスタムオーダーの仕方によってはかなり激辛のゲーンパーもいただけるようになりましたが、こちらのゲーンパーはデフォルトでも容赦ない辛さ。
翌日お腹大爆発するほどの破壊力に、当時は慄いたものです・・・・・

早速オーダーしてみましょう。

★ゲーンパー ¥1100

見るからに血の池地獄・・・・・
野菜に加え、鶏肉がたっぷり入って贅沢仕様。
いただいてみましょう。

・・・・・いや、これは、今でも相当辛いぞ。

デフォルトでこのレベルの辛さ、ちょっと他にはなかなかありません。

しかも以前はピッキーヌが丸ごとごろごろ入っていたのですが、今では刻み仕様に。
避けて食べるなどできやしない仕様となっています。

いやいやいやいや、これ、知らずにオーダーしたらなくレベルですな。
しかも「相当辛いけど大丈夫ですか?」的なアラートも特になく、すんなりオーダー通してくれますから。
流石としか言いようがありませんね。

けれど辛いだけじゃなく、唐辛子の旨みが野菜に浸みこんで、辛さ耐性さえあれば舌鼓を打つことができる味わい。
「蒙古タンメン中本」の北極が好きな向きにもオススメできる辛ウマであります。


★カーオニャウ ¥400

あわせるのはタイのもち米。
これはゲーンパーにはお約束なんです。

そして、痺れた舌を落ち着かせるには、お水よりもこちらが効果的。


★ホイトード ¥1100

つまり、牡蠣入りお好み焼き。
ゲーンパーからこちらへの流れ、まさにヘブンです。
この他、玉子焼き系も辛さを和らげるのにオススメですよ。

ということで、かつて新宿を代表する激辛カレー(ゲーン)として名を馳せたキングは今も健在。

激辛好きなら一度は行っておかないと!!



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

タイレストラン・ピッチファー 本店



関連ランキング:タイ料理 | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3905-79956e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)