素晴らしき料理と素晴らしきおもてなし。2号店待望の実店舗始動。「スリランカダイニング アマヤ (AMAYA) 阿波座店」(阿波座)

    2018年01月31日00:00  カレー&スパイス・大阪府 写真あり

    大阪・河内長野のスリランカ料理名店「アマヤ」が、待望の2号店を、市内中心部にオープン!!


    「スリランカダイニング アマヤ (AMAYA) 阿波座店」

    先だって、本町での平日ランチ間借り営業を行っていた「アマヤ2号店」ですが、ここ阿波座にあったスリランカ料理店「シーギリヤ」の閉店に伴い、その店舗を引き継いでついに実店舗始動となりました。

    オープンは2017年10月1日。


    「シーギリヤ」時代にも印象的だった天井などはそのままに、高級感漂う雰囲気へとアップグレードされていますね。

    「アマヤ」最大の魅力は料理だけでなく、隅々にまで感じる「おもてなしの心」。
    この日も店主ラッキーさんがいらっしゃり、大歓迎してくださいました。

    まずはお得なこちらのセットをオーダー。

    ★ワンプレートディナーセット \2900
    ・本日の日替わりスープ
    ・サラダ
    ・カトレッツ
    ・パパド
    ・4種類の野菜カレー
    ・メインカレー(チキン、魚、イカ、ポークより選択)
    ・デザートプレート


    さらいに単品をちょいちょい頼む方式をとってみましたよ。


    ★ライオンラガー
    ・本日の日替わりスープ


    まずは駆けつけ一杯。


    ・サラダ

    見てくださいこの盛り付け。
    調理の時間稼ぎにさっと出すタイプのサラダとは別物。
    目と舌で楽しませてくれます。


    ★ロールス

    春巻き状のカレーコロッケというかカレーパンというか。
    仄かな魚の旨みもあり、ビールのつまみに最高!!

    そしてメインプレート、これが圧巻。

    ◎スリランカワンプレート
    ・カトレッツ
    ・パパド
    ・4種類の野菜カレー
    ・メインカレー(チキン)



    メインカレーはチキンを選択。
    まずこれがもう、圧倒的な美味さ!!

    トゥナパハの焙煎香に、しっかりと効いたブラックペッパー、そして先ほど店先から摘んだばかりのフレッシュなカラピンチャ(カレーリーフ)。
    これぞ、コク深いスリランカチキンカレー。
    最強にして絶品です。


    そして「4種の野菜カレー」と称して様々なベジおかずが。
    嬉しいのは、ジャックフルーツ(ポロス)のカレーが普通にあること。
    この食感好きなんです。

    その他、ポルサンボル、カトレットもついて言うことなし!
    これだけでお腹いっぱいになる迫力です。

    「アマヤ」の料理の特長は、決して辛すぎたり尖ったりはしていないのですが、フレッシュなスパイスの香りと、鰹(ハガツオ=モルディブフィッシュ)の旨味はしっかり感じられるところ。

    それだけでご飯がガンガン進むのですが、さらにこんなモノがサービスで登場。

    ・カードチリ

    ヨーグルトと塩に漬けた唐辛子をカラッカラに干したもの。
    パリッとした食感のあと口の中に溢れ出す、どうしようもないほど素晴らしい香ばしさ!
    関西の塩昆布的立ち位置で、イケナイレベルにまで食欲を増進してくれます。

    これは危険。


    さらに東京から遠征ということでスリランカのウイスキーもサービス。
    カードチリとこれだけでも無限ループ行けそう。

    さらに危険!!

    しかし・・・「アマヤ」に来たら絶対食べておきたいメニューがまだまだあるんです。

    単品追加!!

    ★ポークイスト ¥800

    こちらビネガー&ブラックペッパーで味付けされた独特なカレー。
    近頃人気のゴア料理「ビンダルー」もビネガーを用いますが、イストはまた全然違う味わい。
    なんだろな、「南の島の味」を感じる素朴さが素晴らしいんです。

    以前、本町の間借り店舗でいただき衝撃をうけたのですが、晴れてレギュラーメニュー入り。
    他ではいただけない逸品ですよ。


    ★野菜コットロティ ¥950

    鉄板の上で野菜や具材を刻み炒めて作る、焼きそば的な一品。
    インド料理とは異なる、旨味たっぷりのスリランカ料理を実感するには最適の一皿です。
    ただし、ボリュームもたっぷりなので、注文は計画的に(笑)


    ・デザートプレート

    わぁーっ!
    スリランカの黒糖プリン、ワタラッパンをベースに、ヨーグルト、蜂蜜、アイスクリームと組み合わせた、スイーツ女子悶絶のプレート。

    超満腹な胃の、「別腹」と呼ばれる場所へとスルスル入っていきますね。

    いやぁ、最初の最初から、最後の最後まで優雅かつ刺激的。

    「アマヤ」を訪れた後の満足感といったら、ちょっと他に類を見ないレベルであります。

    本店にも負けないほどの、完璧なおもてなし。
    実に素晴らしい場所が、実に素晴らしい場所にできたものです。

    行かなきゃ損ですよ。


    ●「カレー細胞」Facebookページ
    https://www.facebook.com/CurryCell

    ●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

    ⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
    にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

    スリランカダイニング アマヤ 阿波座店



    関連ランキング:スリランカ料理 | 阿波座駅西長堀駅西大橋駅


    関連記事
    トラックバックURL

    https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/3795-24cea857

    前の記事 次の記事