fc2ブログ
2009/11/02

Post

        

メイド喫茶in USA 「Royal/T」~LA カレー事情-10-

category - 辛味&カレー・USA
2009/ 11/ 02
                 
LAに行ったら是非一度行ってみたかった店。
それは・・・

「全米唯一のメイド喫茶」

FLYING ROPEFISH!-SN3E0401.jpg
2008年4月、ロサンゼルスのすぐそば、カルバーシティにオープンしたこの店はしかし、
アキバのメイド喫茶とはちょっと趣が異なるようです。

アキバ特有の「イケナイ」雰囲気は皆無。

それどころか、とてもおしゃれでスタイリッシュで洗練された空間が広がっています。
店名の「Royal/T」とは「The Royal Treatment(王室のもてなし)」の意味。
ここは、ARTとメイド喫茶が融合したとてもCoolな店なのです。
FLYING ROPEFISH!
広大なギャラリー空間。

日本発のポップカルチャー、
「MANGA」「ANIME」「KAWAII」そして「フィギュア」にまつわる展示がずらり。

FLYING ROPEFISH!-SN3E0402.jpg
FLYING ROPEFISH!-SN3E0403.jpg
FLYING ROPEFISH!
ポップスター村上隆も!
FLYING ROPEFISH!
999まで!

FLYING ROPEFISH!-SN3E0405.jpg
どうやら熱狂的なコレクターであるオーナー Susan Hancock が自らのコレクションを展示したギャラリーなのだとか。

中にはグッズ販売のショップも。
FLYING ROPEFISH!
日本から集めたコレクターグッズだけでなく、
オリジナル商品や、日本には流通しないレアキャラクターものまでバリエーション豊か。
FLYING ROPEFISH!
ここだけでもまる一日つぶせそう。

・・・いやいや、それではいけませんね。

肝心のメイドカフェはギャラリーのはるか奥。
FLYING ROPEFISH!
このスケール感が伝わるでしょうか。

FLYING ROPEFISH!
日本人のメイドさんたち。
そしてグレーに染めた鬼太郎ヘアの男性店員。
しかし何故でしょう。とてもスタイリッシュ。

FLYING ROPEFISH!-SN3E0410.jpg
客もいわゆる日本で言う「オタク系ファッション」の人は皆無。
パリッと洗練された身なりの客ばかりです。

・・・・そう、この店に来て確信しました。

日本国内では依然社会の風当たりが強い「日陰カルチャー」である「オタク文化」。
しかし、一歩国境を越えてみれば、「Japan」が発信する「OTAKU Culture」は、
最高にCoolで、憧れやRespectの対象ですらある「World Major」な文化なのです!


(滞在中ハリウッドの一番いい映画館でかかっていた新作映画が「エヴァンゲリオン」だったりもするんです。)

そのSuper Coolな「OTAKU Culture」への憧れがこの店を生み、この店に客を集めているのです!

まだ日陰にいる日本のオタクたちよ!

覚醒せよ!!


とか考えているうちにメイドさんがやって来ました。
FLYING ROPEFISH!
・・・注文しましょう。

メニューはなかなか幅広く、レストランとしても十分使える内容。
$FLYING ROPEFISH!
ハンバーガーやマフィンといったカフェメニューだけでなく、
ステーキ、カレーにうな丼、マグロのたたきに茶そばに味噌チキン・・・それに日本酒までありますよ。

FLYING ROPEFISH!-SN3E0407.jpg
Kyoto Sunset Tea

FLYING ROPEFISH!
Megami Sencha

お茶のネーミングがすごいですね。

FLYING ROPEFISH!
Kobe Beef “Hambagu” $12
アメリカで「Kobe Beef」といえば高級牛肉の代名詞。
・・・といっても日本で言う厳密な意味での「神戸牛」ではなく、
日本の神戸牛をアメリカに輸入し、アメリカの牧場で育てたものが多いようです。

しかし、このハンバーガーおいしい!
牛肉もさることながら・・・ハンバーガーは本場ですからね。
お勧めです。

そして、やはりはずせないのはこのメニュー。
FLYING ROPEFISH!
Royal/T Curry $9
ホームメイドスタイルのカレーライス。
肉はチキンとビーフから選択できます。

FLYING ROPEFISH!
こくまろ~な感じのカレーソース。
肉のほか、ジャガイモとニンジンが入っていますね。
辛さはそれほどでもなく、中辛くらいでしょうか。

FLYING ROPEFISH!
そしてさすがオシャレLAというべきか、ライスは健康志向のブラウンライス。
こうしてみると、カレーライスというモノも
Japan Cultureのひとつのピースなんだということがよくわかりますね。

マンガ、アニメ、そしてカレーライスを発信する国からやってきた自分をちょっと誇らしく感じて、
なんともいえない清々しさを覚えてしまいます。

・・・お手洗いにいこうと、建物の裏側に回ってびっくり。
FLYING ROPEFISH!
う、裏側にもまだギャラリー空間が!!

FLYING ROPEFISH!
どれだけでかいねん!!!

聞くところによると、この店はアート系のイベントや、
アニメ、映画のスクリーニングイベントなどにもよく用いられているのだそう。

イベント、ギャラリー、ショップ、さまざまに楽しみどころがあり、
しかも食事も非常にクオリティが高いこの店、
メイドカフェということを除外しても十分に行く価値のあるポイントです。

でもやっぱり、

「わざわざロサンゼルスまで行って、メイド喫茶行ってきた。」


っていう話の掴みがCoolじゃないですか!!!

最後にもうひとつ、アメリカっぽいサプライズが。
FLYING ROPEFISH!
これって・・・弾丸の痕ですか???

⇒「Royal/T」HP

Royal/T(ロイヤルティー、ギャラリー&メイドカフェ)
8910 Washington Blvd
Culver City, CA 90232
T:310 559 6300
F:310 559 6633
Hours:10am - 10pm daily

⇒特集「LAカレー事情」目次

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

6. Re:無題
>出張スープカレー職人メラさん

まあ、毎晩カーチェイスがある街ですから(笑)。

でももしLAに行くことがあったら是非行って見てください。

私はもう、二回行きました。
5. 無題
>しろぼうさん
日本のメイド喫茶と比較できる目をお持ちですね(笑)。

そう、日本との違いはレストランとしてのレベルを追求しているところと、写真撮影OKなところなんです。

ただ、アキバ的な萌え度でいうとアンナミラーズより下かも知れません。
4. 無題
>白さん
でかいですよ。
日本であの大きさだとフードコート形式で5、6軒入れるんじゃないですかね。
3. 無題
凄いの一言でした!
最後の弾劾の行方が気になります(笑)
2. 無題
日本の店より、
フードが充実してますね!

そして、写真OKなのも
素晴らしい。
メイドさんは微妙かも(笑)

サプライズはわざとかも知れませんね。
1. 無題
写真を見て、おっきいね…と、不思議な世界を見るようです(^^)