FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ビルマスネークヘッド3種比較

2008年、2009年と怒涛の新着ラッシュに沸くミャンマー(ビルマ)産スネークヘッド。
総称ビルマスネークヘッドと呼ばれる彼らは学名はおろか、
インボイス(入荷名)すらバラバラな混乱状態が続いています。

そんな中、今回は、

「ビルマレッドフィンスネークヘッド」

「チャンナsp.ファイヤーエッジ」

「チャンナsp.ファイヤーアイズ(アイスファイヤースネークヘッド)」


という3種を比較、その関連性についてちょっと検証してみたいと思います。

FLYING ROPEFISH!
ビルマレッドフィンスネークヘッド
3種の中では最も早く紹介された種。
レッドフィンという割にヒレの縁は少しオレンジ。
背びれは付け根から上へ青⇒黒⇒オレンジというパターンで、
その色彩のコントラストが鮮やかな美種。
胴体は青みを帯び、褐色と青とのモザイク模様のようになっており、
全身にまばらな黒点が入ります。
体型は紡錘型で頭部は比較的スリムです。
(過去記事)
⇒衝撃の新着!「ビルマレッドフィンスネークヘッド」!!
⇒その後のビルマレッドフィンスネークヘッド
⇒ビルマレッドフィンスネークヘッド その3

FLYING ROPEFISH!
チャンナsp.ファイヤーエッジ
ビルマレッドフィンスネークヘッドよりもさらに鮮やかで美しいヒレを持つスネークヘッド。
背びれは付け根から上へ青⇒黒⇒赤というパターン。
ヒレのメリハリある美しさはスネークヘッド随一。
胴体は褐色で、ドワーフスネークヘッドやウマンギィのようなバンドが入ります。
全身にはまばらな黒点が入り、頭部は幅広い形をしています。
(過去記事)
⇒ミャンマー新型スネークヘッド第一弾!「チャンナsp.ファイヤーエッジ」

FLYING ROPEFISH!
チャンナsp.ファイヤーアイズ
目の周りの血が滲んだような赤い隈取りが印象的な種。
色彩は赤みが強いものから淡い体色のものまで様々。
背びれは付け根から上へ赤⇒青⇒黒⇒赤というパターン。
写真の個体は赤の部分がかなり黄色っぽいオレンジになっています。
胴体は褐色で、腹部が青く色づくものも。
全身にはまばらな黒点が入り、顔つきは比較的スリムです。
(過去記事)
⇒ミャンマー新型スネークヘッド第二弾!!夢幻血班雷龍 「チャンナsp.ファイヤーアイズ」
⇒チャンナsp.ファイヤーアイズ その2

さて、この三種、
「ビルマレッドフィンスネークヘッド」という名で
「チャンナsp.ファイヤーエッジ」と同等の個体が販売されたり、
「アイスファイヤースネークヘッド」という名で
「チャンナsp.ファイヤーエッジ」と同等の個体が販売されたりと、
「ファイヤーエッジ」を間に挟みながら相互に混同されている様子。

言い換えれば、「チャンナsp.ファイヤーエッジ」こそが、
「ビルマレッドフィンスネークヘッド」と、
「チャンナsp.ファイヤーアイズ(アイスファイヤースネークヘッド)」とを結ぶ
ミッシングリングになっているようです。

・・・ここからは私見です。

まず、「ビルマレッドフィンスネークヘッド」と「チャンナsp.ファイヤーエッジ」、
この2種は同種と見てほぼ間違いないと思います。
FLYING ROPEFISH!
ビルマレッドフィンスネークヘッド

FLYING ROPEFISH!
チャンナsp.ファイヤーエッジ

写真の個体に限って言えば、
「ビルマレッドフィンスネークヘッド」が雌、
「チャンナsp.ファイヤーエッジ」が雄なのではないでしょうか。
雄のほうが頭部が大きく幅があり、ヒレが派手で大きい。
それは近縁種の性差をみても納得がいく説明となります。

さらに「チャンナsp.ファイヤーエッジ」と
「チャンナsp.ファイヤーアイズ(アイスファイヤースネークヘッド)」、
こちらもまったく無関係ではないでしょう。
「チャンナsp.ファイヤーエッジ」の頭部アップをご覧ください。
FLYING ROPEFISH!
目の周りに赤い隈取りが確認できます。

FLYING ROPEFISH!
こちらが「チャンナsp.ファイヤーアイズ(アイスファイヤースネークヘッド)」

小型の「アイスファイヤースネークヘッド」には、
このファイヤーエッジとは比較にならないほど赤い隈取りをもつ個体がいますので、
まったくの同種といっていいのかはわかりませんが、
非常に近縁な種か、もしくは同種の個体変異・地域変異の線も考えられます。

さらに考慮すべきは、
「ビルマレッドフィンスネークヘッド」「チャンナsp.ファイヤーエッジ」
の2種にはまだ、大型個体が確認されていません。
この2種の成魚が「チャンナsp.ファイヤーアイズ(アイスファイヤースネークヘッド)」と
呼ばれている可能性だってあるのです。

(仮説その1・・・「3種同種説」)
「ビルマレッドフィンスネークヘッド」と「チャンナsp.ファイヤーエッジ」は同種。
雌雄による差異である。
20センチ以上の成魚になると目の周りに赤い隈取りが目立つようになり、
「チャンナsp.ファイヤーアイズ(アイスファイヤースネークヘッド)」と呼ばれる特徴を持つようになる。
雄個体はヒレや目の周りの赤みが強く、胴体下部が青く染まり派手に。
雌個体は胴体は淡い褐色、ヒレの縁はオレンジに成長する。
(つまり写真の「ファイヤーアイズ」は雌の成魚)
時折、小さなうちから目の隈取りが発達する美個体(もしくは個体群)が存在する。

(仮説その1・・・「2種説」)
「ビルマレッドフィンスネークヘッド」と「チャンナsp.ファイヤーエッジ」は同種。
雌雄による差異もしくは地域変異である。
近縁種として「チャンナsp.ファイヤーアイズ(アイスファイヤースネークヘッド)」が存在し、
2種間には交雑の可能性もある。
大型の「チャンナsp.ファイヤーアイズ(アイスファイヤースネークヘッド)」の一部には、
「ビルマレッドフィンスネークヘッド」の成魚が含まれている可能性がある。

といったところでしょうか。

FLYING ROPEFISH!
チャンナsp.ファイヤーアイズ(アイスファイヤースネークヘッド)

FLYING ROPEFISH!
ビルマレッドフィンスネークヘッド

3種いずれも体にゴマのような黒点がまばらに入ることや、
おおまかなカラーパターンの共通性をもっており、
分類的には少なくとも近縁関係にあることは明らか。

しかし、それらが近縁関係の別種なのか、亜種なのか、
同種の地域変異なのか、個体変異なのか、
はたまた単なる雌雄差や成魚幼魚の差異なのか、
明らかになるにはもう少し時間がかかりそうです。

なぜならミャンマーという国では、
あまりに多くの、連続性をもった様々な特徴を持つ新種のスネークヘッドが、
次々に発見されているようですから。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
関連記事

コメント

4. Re:初めましてです。

>マンウィスパラーさん
スネークヘッドとコリドラスはまさに流通時のプレミア付け合戦で学術的な情報が混乱しまくってますね。
最近はアイスファイヤーでもエッジが赤いもの黄色いもの、ブルーが濃いもの薄いものがあって、中間的個体の見極めが難しかったりします。
目が離せませんね。

  • 2012/05/29(火) 04:03:42 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. 初めましてです。

今年から熱帯魚飼育を5~6ぶりに再開。 飼育歴約40年(何度かのブランクアリ)小学生の時に初めて買ったのがオスカー…デカクなり母の命令で返しに行きましたw(当時はアストロとしか呼ばれてませんでしたね)その後は、う~ん…メインは古代魚とナマズ。
今回はスネークヘッドです。SHは現在、ガロ×1/アイズファイヤー×3/プルクラ×4/レインボ×1/ブルームーンギャラクシー×1/マルリウス×1です。
目標は繁殖です!
ところでアイズファイヤーですが……ropefish様の全部雄個体説、賛成です。 私も『な~んか…コイツらおかしい…』とサイト検索していたところブログにたどり着きました。
謎ダラケのガクアsp達に小売店が勝手に名前をつける…良くないですね…。私の御世話になってるお店は絶対しません。だから生体はそこでしか買いません。例えば『これ完全に□○△やで、せめてガクアsp○△□て書いたらええのに』て言っても…『いやいや…ダメです』てかんじです(^-^)
ropefish様へのお願いは…熱帯魚ネタの更新で~す。宜しくお願いします(^-^)/~~

  • 2012/05/09(水) 01:20:47 |
  • URL |
  • マンウィスパラー #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. 無題

>松風さん
売る側としては「新着」にしておいたほうがプレミアム価格で販売できる訳ですから、「要は全部おんなじだよね」とは口が裂けても言えない(笑)。

逆にちょっとでも見た目が違えばどんどん違う名前を付け、混迷を深めていくスパイラルにハマっていく。

このあたりの事情はプレコ…特にペコルティア属やヒプアンキストルス属なんかの事情と似てきましたね。
やたらと「ニュー○○」とか付けるあたりとか(笑)。

  • 2009/11/27(金) 11:47:05 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 勉強になります!

こんばんは。

SHの分類にはメチャ疎いのですが、ナルホド、すごく勉強になります!
いわゆるバーミーズ系は魅力的なSHも沢山紹介されていて、とてもそそられるのですが、インヴォイスがいろいろで、「そういうわれれば、別種かなぁ・・・」と思ってみたり、ハイブリッドかな?と思ってみたり、様子見ですねー。

点と線がつながってくる最中なのかもしれませんね。

それにしても、どの子もきれいで飼育欲そそられます!

  • 2009/11/26(木) 19:00:50 |
  • URL |
  • 松風 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/288-348ee28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)