FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

黒門市場でいただく、グルメな名物カレー。「パジャマラマ」(日本橋)

大阪の台所、黒門市場。

今や海外からの観光客がひしめくこの市場では、お店のメニューも英語や中国語がたくさん。
多国籍な賑わいを見せています。

そんな中、海外からの観光客が足を止めるカレーの香り。


「パジャマラマ」

カウンター6席、小さな半屋台式のカレー屋さんです。
実は隣の靴屋さんと一体化した造りで、厨房への出入りは靴屋さんの中を通ってるっぽいです。



オープンは朝10時。
香りにつられた中国からのお客さんですぐ行列に。
いや、ガイドブックやネット情報で知っていたのかも知れませんね。

中国でも日本のカレーライス=日式咖哩飯は人気。
上海にも専門店がちょくちょく出来てましたから。

いずれにせよ、日本カレーの美味しさが世界に広まるのは良いことですね!


カレーのメニューは、
・ビーフカレー
・スジねぎカレー
・チキンカレー
・カルビカレー
 の4種。

それぞれ異なるベースのカレーだそうです。


ちゃんと、英語と中国語のメニューもあります。

うーん、ここは関西カレーの王道ビーフにすべきか、庶民派関西のスジねぎにすべきか、
はたまた一番辛いと言われるチキンにすべきか、それとも・・・・・

迷った挙句、「黒門市場名物」の言葉につられ注文したのがこちら。

★炙りカルビカレー ¥980

特撰カルビ肉を炙り、豊富な野菜を煮込み、30種類ものスパイスを使い裏漉しして作ったカレーとのこと。
・・・いやぁ、朝からカルビカレーなんて、重すぎやしないかい?しかも見た目かなり欧風カレーっぽいし、胃の負担が・・・

なんて思っていたのですが、食べてみるとあら美味しい。
フルーティな甘みと程よい辛さで、意外なことに軽い舌触り。
するするといただけます。

カルビはカルビなのに変に脂が浮くこともなく、ごく自然にカレーとマッチングした味わい。

しかも炊きたてご飯が美味い!(これは開店直後というのもあるでしょうが)

なるほど、シンプルな中にも日本カレーの魅力がギュッ。
海外からのお客にも胸を張って「これが日本のカレーです!」って言える美味さですね。
満足、そして安心した。

ちなみに量は多くはないので、ふらっと寄ってさらっと食べるのに最適ですよ。

・・・と、狭いお店で満席にも拘わらず、無理めなお願いもしてみました。
「コーヒーお願いできますか?」

・・・すると奥の厨房からマスターが登場。
え?なんか大ごとになる??

いや、ちょっとびっくり。

狭い店内でいきなり豆を挽き始めました!!
そ、そこから???


んで、ハンドドリップ!?


★ホットコーヒー ¥250

いやぁ、この一杯のためにそこまでしてくれるとは・・・

「凝りだしたらキリがないからね」とマスター。

市場でカレー食べた後に飲む挽き立てコーヒーは言わずもがな、至福のアロマでした。


テイクアウトの弁当も、ルーの持ち帰りもOK。

大阪の台所「黒門市場」。
マグロやテッチリやたこ焼きもいいけれど、カレーもやっぱり、ニッポンの名物グルメなんです。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

パジャマラマ

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:カレーライス | 近鉄日本橋駅日本橋駅難波駅(南海)


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2787-47da2a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)