FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

「き作亭(きさくてい)」(飯田橋/神楽坂)

神楽坂下の交差点から神楽坂通りに入ってすぐ、
右手に見える「ボナッ」を通り過ぎてすぐのところにある「神楽小路」。

その小さな路地裏にこの素敵なカレー屋はありました。

FLYING ROPEFISH!
「き作亭」(「き」は「七」を三つ)。

なぜかフランス料理店が多く、
フランス人が集う小粋な街、神楽坂。
その街の雰囲気に相応しく、
エスニック調のカウンター席とスパイス瓶が並ぶ店内はなかなかに小粋。

さらに、
水を持ってきてくれた店員さんはフランス人の奥様。

さすが神楽坂!

女性店員の流暢な、
しかしセボーンでセシボーンな日本語の説明によると、
レギュラーメニューは三つのカレー。

キサクカリー¥500

キサクレッド¥850

キサクココ ¥800


それと日替わりカレー(この日はキーマカリーでした。)
というラインナップ。

¥950でレギュラーのなかから二品選んだダブルカリーが出来るというので、
単品価格の高いココとレッドを組み合わせて注文。
貧乏根性ですね(笑)。
FLYING ROPEFISH!
ダブルカリー(ココ&レッド) ¥950

まず目に飛び込んでくるのはターメリックライスの鮮やかな色。
FLYING ROPEFISH!
黄色を通り越して山吹色です。

FLYING ROPEFISH!
キサクココ
ココナッツベースのタイカレーを独自にアレンジ。
マイルドで食べやすいカレーですね。

FLYING ROPEFISH!
キサクレッド
なんかアジアアロワナみたいな名前です。
こちらもタイのレッドカレーがベースです。
ココよりは辛め。

どちらもなかなか美味しいです。

上品で、スタイルがあって、文化的な香りのするお店。
東京にはまだまだ知らない店が一杯あるのでしょうね。

食後、お会計の際、フランス人の奥様に、
今回食べなかったキサクカレーは欧風カレーですか?
と質問したところ、
「うーん、ヨーロッパ風・・・辛くないけど、スパイシー。
 そう、カグラザカ風ですね。オリジナルですよ。」
だとか。

また食べに来たくなるじゃありませんか・・・。

き作亭(きさくてい)
東京都新宿区神楽坂1-14 (地図)
電話:03-3260-6639
営業時間: 11:30~15:00 17:00~LAST
定休日:不定休

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner


神楽坂 き作亭 (インドカレー / 飯田橋、牛込神楽坂、神楽坂)
★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメント

2. 無題

気さくな笑顔で敵を倒す、キサクレッド!
・・・逆に怖いです。

  • 2009/08/08(土) 19:05:45 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. キサクレッド…

う~ん、アジアアロワナっぽさもありますし、戦隊モノにも出てきそうですよねぇ…(^-^;

  • 2009/08/06(木) 13:31:28 |
  • URL |
  • 禿丸 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/270-9f008393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)