FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

飲めるカレー屋・2015期待の新星を発見!!「Curry Stand NIVAL(ニバル)」(八幡山)

どこからともなくカレーの天使が囁いて京王線に飛び乗ったら、新しいカレーのお店に出会いました。
最初に言っておきますが、カレーマニアだけじゃなく、バー好きバル好きな酒飲みの皆様にお勧めしたい注目店です。

京王線八幡山駅から、高架下を歩いて2分ほど。
雨に濡れずにたどり着ける、「大岩食堂」的ナイスな立地。


「Curry Stand NIVAL(ニバル)」

2015年2月3日オープン。
もう店構えからして「いい店」確定です。

カウンターメインの店内は、お酒のボトルと、早くも店についた常連さん達で賑わっています。

ここ数年のカレー界の大きな流れとして、飲み屋とカレー屋の中間業態「カレーBAR & 居酒屋」の隆盛が注目されていますが、このお店はまさにそう。
ただこのお店にはマニア受けを狙った敷居オーラが一切なく、例えば普段「富士屋本店ワインバー」に通うような人たちも気兼ねなく入ることができるオープンな空気が溢れているんです。

地元で一杯、なんてときにあったら凄く嬉しい雰囲気。

メニューをざっと見ます。


料理は600円~700円台がボリュームゾーンで、チョイ飲みにめちゃ頼みやすい価格設定。
カレーやスパイス料理のメニューもあれこれあって、目移りしてしまいます。


★サングリアビア ¥550

この日昼から「サングリア飲みたい」と呟いていた私。
ふらっと入ったカレーの店でサングリアが置いてあるなんてかなりヒキが強いというか、流れが来ているというべきか。


夜はお通し200円だそうです。
美味しいし全体が安いから全然OK!


★カツオのタタキ バルサミコ醤油ソース ¥600

いきなり黒板メニューを頼んでみました。
見てくださいこの盛り付け、ただのカレー屋じゃありませんよ。

聞けばこちらのイケメンマスター、イタリアンやフレンチの経験があるそうで、なるほど納得の美しさ。
んでまた、新鮮なカツオの旨みとバルサミコの甘酸っぱい味わいがたまりません。

これで600円なんて、どうかしちゃってます。


★カレーブルスト ¥850

ほらほら皆さん、見てください。
ベルリンっ子たちに大人気のストリートフード「Currywurst」がここでいただけるんですよ!
「Currywurst」とはソーセージに甘みあるケチャップとカレーパウダーで味付けした料理で、
日本では神戸・元町に唯一の専門店があるほか、恵比寿「アンペルマンカフェ」など限られた場所でしかいただけない珍グルメなんです。
こちらのお店のカレーブルストは、ソーセージ自体が非常に美味い分、B級グルメというよりも素敵な酒の肴という感じ。
みなさんもぜひ試してみてください!


★スパイシーチキンフライ ブルーチーズソース ¥600

うわ、これ味濃くて美味い!
これがあったら「世界の山ちゃん」要らないわ。


★黒さそり ¥500

やっぱりカレーには焼酎ですよね。
わかる人にだけわかっていただければよいです。


★本日のグラスワイン ¥400

この日はチリのワイン。
ほどよき辛口ですっきり。

ここの料理は味が濃くはっきりしているので、酒がぐんぐん進みます。


★NIVALカレーw/バケット ¥500

wは笑いではないです。withね。
インドでも、日本でも、タイでもない、この店完全オリジナルのカレーです。
小麦粉不使用のサラサラスープ状で肉は不使用。
トマトと相当な量の玉ねぎが用いられており、自然な甘みがあります。
どことなくフレンチやイタリアンの印象がありつつも、スパイス感は意外に高め。
クミンにブラックペッパー、コリアンダーシード、その他もろもろの香りが口内にチラリチラリと顔をのぞかせます。

味ははっきりしているのに、重さが全くないという、まさにお酒にぴったりなカレーですね。


★八幡豚の自家製ベーコンと燻製玉子のカレー ¥980

こちらは最近完成したメニューとのこと。
「くんかれ」にも通ずる素晴らしい薫香です。
ベースはNIVALカレーと共通ながら、カレー自体にも燻香が移されており、より深みある味わいに仕上がっています。

これまたかなりのオススメですね!!


★カフェオレ ¥450

カレーの後は珈琲。
それは飲み屋でも同じこと。

カウンターで店員さんと近いからこそ、話も弾み、料理もお酒もさらに美味しく味わえます。
その的確でさわやかな接客は、「きちんとしたお店」と印象をしっかり与えるとともに、「親しみやすく気軽なお店」という安心感も与えてくれる絶妙なセンス。

ここ、ホント重要なポイントですよ。


オープンして間もないこともあり、まだまだ伸びしろを感じさせてくれるこのお店。

いずれ人気が出まくること間違いなしですよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

NIVAL

夜総合点★★★★ 4.1



関連ランキング:カレーライス | 八幡山駅上北沢駅芦花公園駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2504-d4f5b491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)