FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

住宅街のど真ん中に、本格北インド料理のお店が出没。「シマラン」(中板橋/大山)

秋葉原インド料理の名店「アールティ」のシェフが2014年6月、
なんと板橋区の住宅街ど真ん中にお店を出したんです。


「シマラン」

東武東上線大山駅、中板橋駅からともに徒歩10数分。
ベンガル系だった「ニューシナモン」の居抜き物件です。

近くには日大板橋病院があるため、池袋西口から「日大病院行き」バスに乗って、
終点前の「大山西町」停留所で降りるのが一番便利な行き方かもしれませんね。


綺麗に飾り付けしているものの、基本はこじんまりした大衆食堂といった店内。
名店出身シェフの気負いなど微塵もなく、とても親しみやすい雰囲気です。


★生ビール サッポロ ¥480

南アジア系のお店だとスーパードライ率が高い気がするのですが、ここはサッポロ!
やはり美味いですね~!!


★タンドーリパラター ¥1200

こちらタンドーリ料理の盛り合わせ。
内容は、
・タンドーリチキン
・タンドーリジンガ
・フィッシュティカ
・シッカバブ
・チキンマライティカ


種類豊富で、一人前注文が申し訳ない感もありますが、しっかり丁寧に作ってくれています。

・タンドーリチキン
まずは基本の一品。
フワッと肉質良く、なかなかジューシー。
味付けは濃いめでお酒に合いますね。

・タンドーリジンガ
こちらエビも外カリッ中プリッで、なるほどのクオリティ。

・フィッシュティカ
カジキという素材の旨みを活かした仕上がりは、インド人シェフとしては珍しい?センスです。
なかなかのもの!

・シッカバブ
面白いほどニンニクガッツリ!!
やはりこちらもハッキリ系ですね。

・チキンマライティカ
これがヒット!
ヨーグルトへのディープな漬け込みっぷりが凄いです。
たくさん食べたい!

ということで、こちらオススメ。最初に押さえておくべき一皿でしょう!


★ハウスワイン ¥500

インド料理にゃワインだよ。しかも白ね。


★ラムブーナ ¥1200
★ムグライパラタ ¥400


さて、メインのカレーを攻めてみましょう。


ラムブーナはいわば羊のドライカレー・・・という仕立てのところが多いのですが、
こちらのは結構汁気たっぷり。
北インドらしく、ちょっとオイリーでどっしりとした仕上がりです。


ココナッツとドライフルーツ入りのパラタ。
要はカブリナンやカシミリナン(カンダリナン)のパラタバージョンです。
ちなみにパラタといっても、ケララあたりの渦巻きタイプと違って、平らに押し広げたタイプ。
サクッとした食感がカブリナンとはちょっと違った味わいを生み出していて、ちょっと面白いですよ。

確かに、よくあるなんちゃってインド料理店とは一線を画する、しっかり正統派の料理たち。
普段インド料理を食べなれていない方々から見て、その違いがどれほど判るのかはわかりませんが、
美味いことには間違いないわけで。

ハッキリとした辛さと、塩っ気強めのメリハリ。
品良くまとまりすぎず、それでいて素材の味を引き立てた絶妙のバランス感覚。

「スパイス料理食ったぞ~!」「カレー食ったぞ~!」ってな充足感に包み込まれること請け合いな、実力店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

シマラン

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:インドカレー | 中板橋駅大山駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

Re: ここビリヤニも美味しかった

ビリヤニ、一人ではずすとこわいので頼みませんでした(笑)次回ぜひ。
マナカマナも久しくいってないなぁ。

  • 2015/03/30(月) 12:17:57 |
  • URL |
  • ropefish #-
  • [ 編集 ]

ここビリヤニも美味しかった

炒めるタイプですが、ビリヤニも美味しかったですよ。
それからマナカマナの今月のメニューの煎り大豆のサデコや、マトンタースとジャールムリが、プルジャさんち風で、すごく美味しいです。

  • 2015/03/22(日) 10:15:58 |
  • URL |
  • ロザリー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2463-ef7174ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)