FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

あのフレンチカレーの名店、恵比寿にカムバック!「モンタンベール」(恵比寿)

あの、モンタンベールが恵比寿に帰ってきました。


「モンタンベール」

2014年5月新装オープン。

かつて恵比寿を代表するカレー屋として愛されたこの店ですが、2012年1月に一度閉店。
元スキーヤーの伊藤シェフの持病だった股関節の痛みの悪化が原因でした。

その後2013年、人形町のお店を間借りする形で営業再開。
一年の慣らし運転を経てついに、ホームグラウンドである恵比寿に帰ってきたのです。

新しいお店は駅から少し離れた渋谷川のほとり。
隠れ家ビストロといった風情ですが、復活を心待ちにしていた常連客で賑わっています。

店名のモンタンベールはフランスにある登山鉄道の名前。
もちろん、元スキーヤーの伊藤シェフがつけた名前です。

店内には伊藤シェフが若かりし頃のモンブラン山での写真も。

格好良すぎますね。


伊藤氏が最初に料理修行をしたのは妙高高原のホテル。
その後知人のつてで銀座の洋食屋で働いていたそう。
その経歴通り「モンタンベール」の料理には、洋食&フレンチの技法がふんだんに用いられているのです。


★アウグスビール \730


★帆立のカルパッチョ


★帆立のスパイス焼

ほら、こんな料理、普通のカレー屋では出てこないでしょう?

ワインとともに楽しむビストロ料理。
これ以上ない、カレーの前菜です、


★フワッとオムレツカレー ¥1080


やはり「モンタンベール」といえばのこのカレー。
チキンブイヨンで仕込んだカレーに、スパイスライス。
そこへ洋食時代に腕を磨いた、とろーり繊細なオムレツの技がオン。

他のどこにもない「モンタンベール」だけの名物カレーです。
これは必ず体験すべきですよ。


★柔らか焼きポークカレー ¥1100

こちらライスにドーンと乗っているのは新潟の越野小金豚。

この店ではカツカレーのカツにも使用されている逸品です。
カレーは一段辛い「スパイシー」という種類をチョイス。

この「スパイシー」は、別名「恵比寿カレー」とも言い、カシューナッツとガラムマサラを効かせたオリジナルなカレーです。


★柔らか煮込みビーフカレー ¥980

国産牛肉で半日煮込んだビーフカレーは意外にサラッとしており、胃もたれなし。
牛の旨みがギュッと出てこれまた美味いです。

そして「モンタンベール」のもう一つの魅力といえば、豊富なワイン。

なんてったって・・・・


床の下を見れば地下へと続く梯子が。
そう、この下にはワインセラーがあるんです!!

もはやカレー屋の範疇を越えたビストロ。
カレーマニアも、そうでない方も、連れ添って楽しめる素晴らしいお店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

モンタンベール

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:欧風カレー | 恵比寿駅代官山駅広尾駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2423-27579998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)