FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

クテノポマ・キングスレイ

FLYING ROPEFISH!
クテノポマ・キングスレイ
学名:Ctenopoma kingsleyae
最大長:25cm
原産地:セネガル、ナイジェリア、ガボン、カメルーン

緑がかった灰色の体色が独特で、
一見地味ながら他にない美しさを持つ魚。
レオパードクテノポマなど他のクテノポマにくらべ、
顔つきが丸みを帯びており、
東南アジアのアナバスにも雰囲気が似ています。

FLYING ROPEFISH!
深いオレンジの眼と、
尾びれの付け根の黒点がアクセント。

この仲間としては特に大きくなり、
大型個体になると背中が盛り上がったマッチョ体型になり迫力満点。
その姿は東京タワー水族館などで見ることができます。

性格は気が強く、図鑑などでは混泳不可と書かれていたりもします。
実際飼育すると確かに気は強いのですが、
特定の魚を執拗に追い回すなどのイジメはあまりせず、
なかなか貫禄のある強さを見せてくれます。

そう、大型魚ではないのに悠然と泳ぐその姿こそがこのクテノポマの最大の魅力。
動きを見て楽しむのがクテノポマ飼育の基本です。
図鑑ではなく実物でお確かめください。

かなり丈夫な魚で幅広い水質にも適応します。
ただ、酸性に傾いた環境のほうが落ち着いた色が出る感じ。
図鑑では生餌を好むとか書いてありますが、何の問題も無く人工飼料に餌付きます。


↓さて、こちらは古くからいる大型個体。
FLYING ROPEFISH!
残念ながら両目がありません。
しかし、争いで両目をなくしてから一年以上経過しますが、
餌食いも充分。
少しおとなしくはなっていますが、
変わらず元気な姿を見せてくれます。


FLYING ROPEFISH!
地味ゆえ、飼ってみないとその魅力がわかりにくい魚。
しかしよく考えてみると、
そもそも全身グレーの魚って、あんまりいないような。

グレーのファッションが好きな方、
もしくは第二次世界大戦時のドイツ軍のカラーリングが好きな方、
とくにお奨めですよ。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner



関連記事

コメント

6. 無題

>ひろぞぅさん
クテノポマは比較的大きくなることと、図鑑に「混泳注意」などと書かれていることもあり、初めて買う時は躊躇するものです。

レオパもいいですが、ウィークシーやファスキオラータムあたりが入門としては適しているのではないでしょうか。

  • 2009/07/22(水) 10:18:07 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

5. 無題

>松風さん
他のクテノポマとは分布域がずれていることも、独特の雰囲気がある理由なのでしょうか。
しかしまた、キングスレイの中にも体型違いの何タイプかがいるようです。

目のない子はマットなグレーの体にシルバーのアゴ下が映える綺麗な個体ですよ。

  • 2009/07/22(水) 10:10:42 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

4. 無題

>スープカレー職人メラさん

確かにクテノポマは、
子どもが描くおふぁかなの形ですね!

  • 2009/07/22(水) 10:00:18 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. いぃなぁ(´∀`)

クテノポマの

あの渋い感じ…


いつもショップで後ろ髪引かれます
(><;)


なんど購入しようと思ったことか

スゴイ羨ましいです
(≧▽≦)


いつものショップにいるのはレオパードですが
f^_^;

  • 2009/07/21(火) 14:06:35 |
  • URL |
  • ひろぞぅ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. 無題

こんにちは。

キングスレイ、渋くて丈夫、堂々としていてで大好きです。茶緑みたいな色調も他ではみない美しさです。かっこいいです。

ウチには、4センチくらいのチビサイズから育て上げた現在15センチがいますが、いつ何時も悠然としていて、かつ頭がいい動きをしてくれます。

東京タワー水族館の大物クンにはかないませんが、ウチのキングスレイも魚雷みたいです。

両目を失った子、大事に育てられていて、感心しました。

老オケラさまの件、残念でしたね。
老オケラさまの画像はなかなかのインパクトでした。大事に育てられてきた、というのがわかりました。
やはり、クテノポマはワイルドでありつつ、どこか感情移入のしやすい素晴らしい魚ですね。

  • 2009/07/21(火) 12:35:24 |
  • URL |
  • 松風 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 無題

典型的な「おさかな」の形ですね!

うちの次男が大喜びです。

「おふぁかな、おふぁかな!」って(笑)

※独特の言語でS音→Fに変換されます。

  • 2009/07/21(火) 09:58:08 |
  • URL |
  • スープカレー職人メラ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/238-c46ccbe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)