FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

チキンとチョウザメ、ダブル南蛮パワー!「カレー倶楽部ルウ 神田関東総本店」(神田)

黄色い覆面でお馴染み「あの人」で有名な宮崎チキン南蛮カレーのお店へディナー訪問。


カレー倶楽部ルウ 神田関東総本店」

この夏の東京ウォーカーの特集「進撃のご当地カレー」に紹介させていただいたお店です。


私が初めて宮崎チキン南蛮カレーを食べたのは、東国原知事が宮崎ブランドプロモーションに精を出していた頃、阿佐ヶ谷「バレーカレー」(現在は閉店)というお店にて。

東国原知事が退いた後、チキン南蛮カレーのネットプロモーションを一手に引き継いだのがこちらのカレー王子というわけですね。


ビビッドな赤が基調の店内。

その元気な雰囲気には、先にご当地カレーとして成功した金沢カレー各店(特に「ゴーゴーカレー」)の影響もあるのでしょうか。


SNSで知名度向上したお店だけに、ネット民への理解も上々。
電源無料開放の他、TwitterやFacebookで呟くとワンドリンクサービスなんて計らいもあります。

さて、この日訪問したのはチキン南蛮カレー目当てだけではありません。

今年登場した新メニュー「チョウザメ南蛮カレー」に興味があったんです。

広島県でチョウザメが養殖されているのは知っていたのですが、実は宮崎県でも・・・ いや、宮崎県こそがチョウザメ生産量No.1なのだそうで。

カレーマニアで古代魚マニアの私がこれを食べずして、誰が食べるというのかと!

・・・しかしチキン南蛮カレーのお店だけにそっちも捨て難く。

結局こんなことにしてみました。

★チョウザメ南蛮カレー ¥980
★チキン南蛮トッピング ¥350


もの凄いボリュームになっています。
ライス大盛り無料だったのですが、頼まないで良かった・・・

バックショット。

カレーはタマネギとリンゴを煮込んだベーシックなジャパニーズカレーの味わい。

チキン南蛮はタルタルソースの他、酸味溢れる甘酢がかかっており、カレーと混じることでいわゆる「ビンダルー効果」を生みだすというわけ。

なるほどね。


こちらがチョウザメ南蛮。
一見淡白な白身ながら、古代魚らしいワイルドな臭みもあるチョウザメ肉。
かなり塩味強めでバランスをとっているようですね。
肉厚で食べ応え充分でした。

ライスはモチャッと水分多め。
もうちょっと硬めでも良いのかな、と思ったのですが、これは好みの問題ですね。

流石にダブル南蛮トッピングでお腹いっぱい。

今からはじめる朝まで仕事も、スタミナ切らさず乗り越えられそうですよ!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

カレー倶楽部ルウ 神田関東総本店

夜総合点★★★☆☆ 3.6




関連ランキング:カレーライス | 神田駅新日本橋駅淡路町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2253-914242a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)