FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

まさかあの名店が・・・鶴見で?「ヴィナーヤ 鶴見店」(京急鶴見/鶴見)

鶴見あたりでお腹が空いたので、鼻をきかせて歩いてたんですわ。
そしたら何やらカレー臭。


「ヴィナーヤ 鶴見店」

え、ヴィナーヤって言ったら、西麻布のあのお店と同じ名前やん。
でもあっちは某有名シェフを擁して鳴り物入りでオープン、その後シェフは抜けたものの今も高いレベルを誇るインド料理の名店。
こんな鶴見の住宅地に、プレハブ小屋の支店など出すはずが・・・

いや、でもお店のロゴも同じだぞ・・・

驚くことに、やはりここ、「ヴィナーヤ西麻布」の支店でした。
御徒町と恵比寿に支店を出した話は知っていたものの、まさか鶴見にとは。

店員さんは(おそらく)インド人。
無言でメニューを渡してくれ、オーダーすると無言で去っていきました。
ちゃんとオーダーが通っているか一抹の不安を覚えながらもまぁ、向こうも言葉の通じない異国で不安なんだろうと。

しかも店内を見渡すと、豹柄短パンにビーサンで金のネックレスに金のブレスレットな金髪あんちゃんが店内で大声ケータイしてたりと、流石は鶴見という感じの世紀末感。

インド人店員の彼としては毎日がビクビクものかもしれませんからね。


★Bセット ¥850

二種のカレーとチキンティッカがついたランチセットを注文したのですが、
驚くべきはライスとカレーの極端なボリュームバランス!!

お米好きにはたまらないのでしょうか。


カレーはマトンとシーフードを選択。
スパイスの香りは飛んでおり均一な味わいですが、ホールのクローブ&カルダモンが少し入っているあたり、かすかに名店の片鱗。

チキンティッカはかなり油っこく、竜田揚げのように色黒で、そういう意味でジューシー。
よく「骨まで柔らかい」という表現がありますが、こちらは肉が「骨のように硬い」仕上がり。
まぁ、流石に擁護できない感じではあります。

・・・・かように極力柔らかい表現で書いてはみたものの、状況は想像の通り。

普通ならスルーするところなのですが、お店が「ヴィナーヤ」だけに見過ごせないものが。

思えばオープンの際、某スターシェフで話題をさらった「ヴィナーヤ西麻布」ですが、その後お店とシェフは決裂。
シェフが変わってもオープン時のレシピを継承し味をキープしていたのですが、その後チェーン展開を開始。
で、その結果がこれというわけですから、華々しい「ヴィナーヤ」のデビューを知る者としては非常に複雑な思いなのです。

チェーン展開が必ずしも良くないと言っているのではなく、メニューやレシピへのこだわり、スタッフへの教育、一貫したポリシーやブランディングなしに、いたずらに店を増やせば、今まで築いた名声など簡単に消え去ってしまう。

それはあまりに勿体ない、勿体なさすぎます。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ヴィナーヤ 鶴見店




関連ランキング:インド料理 | 京急鶴見駅鶴見駅国道駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2239-1612a4b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)