FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

NY伝説のお店のランチブッフェ。「ニルヴァーナ ニューヨーク」(六本木)

もう、だーいぶ前になってしまいますが、東京ミッドタウンの「ニルヴァーナニューヨーク」へとランチ訪問。

ミッドタウン誕生時、
「1970年、NYに誕生し多くの著名人に愛された伝説的インド料理レストラン。
2002年に惜しまれつつ歴史を閉じた名店が、モダンインディアンダイニングとして復活」

という謳い文句で話題となったお店です。

系列店として横浜に、よりカジュアルなカフェスタイルの「ニルヴァーナ・スパイスカフェ」もあったのですが、現在はクローズ。
結構よかったんですけどねぇー。

さて、こちらミッドタウンのお店は、北インド・南インド両方を取り入れた都会的なインド料理。

思えば、日本のインド料理には北インドのムガル料理(ナン、バターチキン、タンドリー料理)のみに偏ったまま定着してしまった事情があり、その反動でマニア達が南インド料理にばかり集中し・・・という流れがありまして、この「ニルヴァーナニューヨーク」はそこいらの文脈とは全く違う場所からポンッ!と東京にやってきたわけです。

もちろん、ワンコイン的なカレーライスの文脈とも全く異なって、ディナーの価格帯は高級イタリアンやフレンチ級。
いわばグローバルな高級インド料理レストランなのです。

そんな「ニルヴァーナ・ニューヨーク」、比較的気軽に利用できるのがランチ時のブッフェ。

2100円というお値段は、一般的なカレー、インド料理のイメージからすると充分高級な部類ではありますが、
とにかくその価格を上回る充実度、なのです。


この日の料理ラインナップは以下の通り。

・濃厚トマトベースのバターチキンカレー
・バターガーリックシーフードカレー
・ベジタブルカレー
・ポークキーマカレー
・ラッサム

・ジンジャーライス
・ジャスミンライス
・ナン

・タンドリーチキンティッカ
・ポテトフライのガラムマサラ風味
・色々野菜の豆粉のフリット
・ブロッコリーのマスタードオイルマリネ
・キャベツのピックル
・キュウリと生姜のサラダ
・コサンブリ インド風人参のサラダ

・サラダ
・ライタ
・コリアンダーとミントのチャトニ
・クスクス
・ベルプリ

・ココナッツケサリ
・バナナチョコブラウニー
・キャロットケーキ
・アサイーヨーグルト
・マンゴーフルーツパンチ
・ジンジャーゼリー
・ココナッツミルク
・季節のフルーツ(メロン、グレープフルーツ、パイナップル)

・チャイアイス
・ダブルベリージェラート


いやもう凄いですね。
品よくチョコチョコと料理チョイスするセレブな奥様方を横目に、しっかり贅沢盛りしてみましょう!

あ~、海外の高級ホテル気分ですねぇ・・・・
得も言われぬセレブ感覚に襲われる自分が怖いです。


料理はどれも外れ無しの、しっかりとした仕上がり。
インド人ブッフェによくある「めっちゃ冷めてる」なんてことも全くなく、その辺りも流石ですね。


普段はあまり食べないナンもかなり美味いです。
不自然なフカフカ感がなく、しっかり小麦粉の味が出ている感じ。

品数も多いし、しっかりしたタンドーリ料理をモリモリいただけば、2100円のモトなんて簡単に回収可。

いや、そもそも「元をとろう」なんて感覚でいること自体が、この店のスタンスにふさわしくないのかもしれませんがね。

一部のインド料理マニアからは、「洗練しすぎていて」敬遠されることもあるこのお店ですが、
いやいやどうして、充分本格的に味わえるお店だと思いますよ。

次回スリップドレスの美女を連れ、ディナーにでも。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

ニルヴァーナ ニューヨーク 東京ミッドタウン

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:インド料理 | 乃木坂駅六本木駅六本木一丁目駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2236-2fdcac0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)