FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

買い物天国はバクテー天国。「宝香肉骨茶」(Bukit Bintang)~カレー細胞inマレーシア(6)

「買い物天国」クアラルンプールには、巨大なショッピングモールがたくさん。
一度のたくさんのお店が回れるだけでなく、クーラーバッチリ、Free Wi-Fi完備、クレジットカードも安心と、旅行者にとってはとってもありがたい存在です。

なかでもKLツインタワー下にある「スリアKLCC」と、クアラルンプール最大の繁華街ブギッビンタンにある「パビリオン」は、立地面でも内容面でも特におススメ。

今回は「パビリオン」の中にある超美味なバクテー専門店をご紹介してみましょう。

そもそもバクテーをあまりご存じない方も多いと思うので簡単に説明すると・・・

バクテー(肉骨茶)はマレーシアやシンガポールで食べられている、豚肉薬膳スープ。
「茶」という名ではあるけれどお茶の葉が入っているわけではなく、現地ではサラッといただくファストフードとして、
早朝からやっている店も多数。

その発祥は、マレーシアがまだ英国植民地であった頃。
港で苦力として働いていた中国系の人々が、解体した後に残った「肉片がついた骨」を利用して、手軽に栄養を摂れる薬膳スープとして作ったのがはじまりと言われています。

クアラルンプール近郊の港町クラン (Klang) が発祥の地として知られており、専門店も数多くあるとのことで、今回の旅でも訪問を検討したのですが・・・意外に往復に時間がかかるのと、食通オススメの名店は駅からさらに遠くにあることがわかり、無茶はしないことに。

が、その下調べ中なんと、クランの老舗バクテー専門店がクアラルンプールに支店を出しているとの情報が!

そう、それがこの「宝香肉骨茶(Pao Xiang Bak Kut Teh)」なのです。


看板は「宝香绑线肉骨茶」という表記。

パビリオンの6Fにあり、店内はかなり広々としています。




一口にバクテーと言ってもこちらではいろいろなスタイルがあるのですが、この「宝香」はなんと、豚の部位を指定してバクテーにしてもらうシステム。


部位は細かく15種類ほどに分けられており、果たしてどこが美味いのか・・・迷いますね(笑)

全てのメニューには番号が振られているので、注文自体は簡単なのですが。



★807 普洱(プーアル茶)1ポット RM12.00


料理を待っている間、ピーナッツが出てきます。
が、このピーナッツが普通のピーナッツじゃなくてなんと、バクテースープで煮たもの。
口に入れてビックリ、柔らかいんです。
これはちょっと癖になりますよ。

そして待つこと10分ほど、バクテーの登場です!

一つ一つの器はお茶碗ほどの大きさ。
ホント、ファストフードって感じですよ。


★103 軟骨 Neng Kut RM19.00

前足付け根の軟骨。
まぁ軟骨と言っても肉もそこそこついています。


★104 肉骨/五花 Bah Kut/Go Hui RM19.00

肩ロースにあたる部位。
肉だけモリモリ食べるにはいいかも。


★105 大骨 Tua Kut RM19.00

尻のほう、いわゆるもも肉です。
霜降り的な脂ののり方で、バランスよく軟らか。


★106 小骨 Sui Kut RM19.00

豚足部分。
コラーゲンたっぷり。


★107 三层肉 Sum Chan Bah RM19.00

角煮的な三枚肉の部位。

「宝香」のバクテースープは漢方っぽい癖がキツくなく、日本人にも広く受け入れられそうな印象。
かといって、薄味かというと決してそうではなく、非常に奥深い味わいがとっても幸せなんです。


★203 卤蛋 BRAISE EGG 2Pc RM5.00
★501 油条 You Chia Ker

バクテースープで煮込んだ玉子は激ウマ。
「油条」は揚げパンで、パクテーに浸していただくとこれまた絶品。


買い物の合間にちょっと一服、なんて使い方にも便利なこのバクテー屋さん。
でもメニューをよく見ると、ナマコやらアワビやらオタオタやらもいただけるようで、ランチやディナーにも幅広く使えそうですね。

この「宝香肉骨茶」、クアラルンプールではこのパビリオン店の他、Sri Petalingにも一店あり、6月にはタイにも支店をオープン、次は北京進出と、なかなかの勢い。
いずれ日本進出、なんてことも夢ではなさそうですよ。

宝香肉骨茶 Pao Xiang Bak Kut Teh PavilionKL
住所:Pavillion KL, Lot 6.38, Level 6, No. 168, Jalan Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur
電話:03-2148 6388
HP:www.paoxiangbkt.com/

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

宝香肉骨茶 パビリオンKL店

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:東南アジア料理(その他) | ブキッ・ビンタン地区


関連記事

テーマ:マレーシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2192-62aa3275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)