FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

あの、激辛タイ南部料理店の復活に狂喜!「タイタニ」(綱島)

今日はタイ料理マニアの方々に嬉しいご報告があります。

記事タイトルを見てピンときたあなた。そう、そのまさかなんですよ。

この夜「なんとなく」東横線にのり綱島へ。
街をぷらっと散歩した後、駅前にはためくマリノス幟をよく見ると・・・

あら?タイ国旗が混じってない??

うん、確かにタイ料理店だ。

「タイ料理 タイパニ」

どうやらオープンしたてのお店っぽいぞ。
「お子様連れOK」のサインからは、みんなが楽しめるファミリータイ料理って感じなのかな?
とにかく二階へあがってみましょう。


お、この入口にはちょっと萌えるな。


ん?なんだなんだ??


え~っ??

なんだこの、あしたのジョー的な昭和空間は!!


・・・ここ、タイ料理屋さんだよね?

しかもメニューを見てさらにビックリ。

一般的なタイ料理に混じって、珍しい「南部料理」がチラホラ!!

タイの激辛インパクト系料理といえば近頃は、タイ東北イサーン料理やチェンマイ料理がマニアに人気ですが、
タイ南部の激辛料理を出すお店が昔、新大久保にあったんですよね・・・・(伏線)


★プーケット ¥600

祝!復活!タイ南部ビール!!
まだ再導入しているお店は少ないので、これは嬉しい再会です。


★クワクリンガイ ¥840

珍しいタイ南部激辛料理・・・そう、あの今はなき新大久保「タイカントリー」の名物だった料理。

懐かしいなぁ・・・「タイカントリー」が閉店したときは悲しかったなぁ、なんて回想に耽っていたところ・・・!!

世の中には恐るべき奇遇があるものですね。

お店の厨房から出てきたのはなんと!

あの「タイカントリー」のオーナーシェフ!!ご本人ですがな!!


タイ南部スラーターニー出身の彼、2010年「タイカントリー」閉店後はタイに帰国していたそうですが、このたび再来日。
2013年12月にこの「タイタニ」をオープンしたのだそう。

いやぁ、なんたること!!

確かにこのクワクリンガイ、「タイカントリー」のあの味そのもの!!
これを奇跡の邂逅と呼ばずしてなんと表現すべきか!!

よく見りゃ「タイカントリー」にあった水牛の角も鎮座しておるではないか!!

こうなったら、引き下がる前にもう一品攻めてみるべきですね。

★ゲーンプリッククラドゥックムー ¥800
★カオスワイ ¥350


タイ南部の豚軟骨激辛ゲーン!!
シェフが勢いづいて本気のスペシャル仕様に仕上げてくれました。

うひょぉー!!濃い!!辛い!!
ピッキーヌもカーも生胡椒も、これでもかとぶち込まれた最強クラスのゲーン。
いやぁ、冗談抜きで2014年ベストなゲーンでしたよ。

立地がら、タイ南部料理を前面に押し出してはおらず、「ファミリーでも楽しめるタイ料理」として幅広いラインナップを提供。
あしたのジョー的な店内は、元々お好み焼き屋~串揚げ屋だったハコに居抜きで入ったからとのこと(笑)

ちょっとテーマパーク的な面白い雰囲気、ホールには日本人の女性店員さんがおり、気構えなく楽しめるタイ料理店ということで、それだけでもなかなか魅力的なのですが・・・・

やはりここに来たら南部料理にトライしないと!!!

タイ料理マニアの皆様は充分にお判りでしょうが、タイ料理って客に合わせて如何様にでもチューニングできちゃうもの。
本気の南部料理を楽しみたいなら、グループ予約にてその旨伝えるのがベストでしょう。

インパクトある味付けは「タイカントリー」で折り紙付き。
あとは客側がお店をいい感じに盛り上げていく番ですよ!!!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

タイタニ

夜総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:タイ料理 | 綱島駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2187-c83aad73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)