FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

本格北インドのルーツ。「オールドデリー」(銀座一丁目)

銀座メルサ4階。

「オールドデリー」

南インド料理の名店たちに話題が偏るこの界隈で、正統北インド料理店として評判の良いのが当店。
この日はランチ単独訪問だったのですが、ちょうどタンドーリ窯まん前のカウンター席へ。

絶景絶景。

結局、目の前の風景につられて注文したのがこちら。

★タンドリーランチ ¥1450

カレー一種
ナン
タンドリーチキン
シークカバブ


ランチカレーの種類は曜日ごと変わるという、通いの近隣ビジネスマンにとっては嬉しいシステム。
この日のセレクトはこちら。


★ポークドピアーズ

多くの店ではポークドピアザと表記される、玉ねぎをふんだんに使ったカレーです。
スパイスもしっかり立っていて、サラサラッとした食感。
丁寧な仕込みを感じさせる仕上がりは流石ですね。

惜しむらくはポークの一部に冷たい部分があったこと。
まぁ、考え方を変えればそれだけボリュームがある肉ということだし、
インド人って優秀なシェフでも温度管理だけはアバウトって例が多いので、たまたまな感じでしょう。

ナンはごくごく表面のみパリッとした仕上がり。
余計な混ぜものによる不自然なモッチリ感もなく、好感が持てる仕上がりです。


タンドリーチキンも着色されていない自然な仕上がりで、肉の美味さもなかなかのもの。
シークカバブは味は悪くないものの肉が薄いため竹輪のような食べごこちでした。

概むね、評判通りの美味しい北インド料理。

・・・と、ここで一つ気がついたこと。
インド料理店であまり見かけない綺麗な陶器のこの器、新橋「マンダラ2nd」と同じだ。
よく考えてみたら料理の味わいもかなり似ているよなぁ・・・

・・・会計時に聞いてみたら、やはりそうでした。

実はこちらのオーナー、かつて神保町「マンダラ」で修業していたのだとか。
「マンダラ2nd」は神保町「マンダラ」から出たお店ですから、いわば兄弟関係にあるわけだ。
現在経営上の関係はないそうですが、食器は同じものだったりするそうで。

数だけはたくさん食べていると、案外いろいろわかるものですね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

オールドデリー

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:インド料理 | 銀座一丁目駅銀座駅京橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2132-0829dba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)