FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

神奈川インド料理界を支えて30余年。「アクバル」(たまプラーザ)

創業1982年。
横浜「シタール」とともに神奈川のインド料理文化を牽引してきた老舗「アクバル」

現在本店は東急たまプラーザB1Fに入っており、隣駅のあざみ野には「となりのアクバル」、相模大野には「なんかれ」という支店があります。

本日はたまプラーザの本店に訪問。

店内はそれほど広くはなく、老舗特有のかしこまった感じもなく意外にカジュアルな雰囲気。

メニューを見れば、インド料理自体あまりポピュラーでない時代から頑張るお店らしい工夫が散見(ビリヤニでなくカレーピラフとか)するものの、基本的にはベーシックなものがラインナップ。

変化球を狙わないのなら、とセットメニューを注文してみました。

★アクバル セットC ¥1840

ポークカレー
お好みのカレー一品
タンドリーチキン
シークカバブ
ナン
ライス
サラダ
デザート

のセット。
デフォルトがポークカレーなあたり、関東の老舗って感じで興味深いですね。
(かつては都心でもない限り、ポークを置いていないカレー屋には客が来ない、と言われていたそうですからね。それが例えインド料理店であったとしても。)
お好みカレーはマトンを選択してみました。


ポークとマトンでグレービーが全く違うあたり、老舗のポリシーを感じますね。
ポークはベーシックな味わいですが、マトンはメティ強めの個性派。
ただしポークもマトンも、肉質はそれほど良いとは感じませんでした。

シークカバブはターメリックたっぷりの柔らかタイプ。逆にタンドリーチキンは着色なしの渋い仕上がりでした。

ちなみにライスは日本米。

今でもランチ時は大混雑するそうで、なるほど確かにしっかりはっきりした味付けは満足のできるもの。
流石老舗、と言いたいところですが、この価格帯であるならば、もう少し素材の良さを感じさせて欲しいなぁというのが本音。

今も決して多くはない正統インド料理店なだけに、半分以下の価格のネパール系なんちゃってインド料理店に負けないよう、これからも頑張って欲しいですね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

アクバル たまプラーザ店

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:インド料理 | たまプラーザ駅



関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2110-ac4dd401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)