FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

茅ヶ崎南インドミールス。「ちょうたら」(茅ヶ崎)

なぜか茅ヶ崎。
なぜか南インド。


「ちょうたら」

なぜか茅ヶ崎に店を出した、南インドのミールス専門店です。

確かに、ビーチカルチャーと南インドってのは結構深い関係にあるわけで、
ゴアトランスといわれるようにゴアのビーチはヒッピー&サイケデリックカルチャー&レイブの聖地であるし、
アラビア海側には良いサーフィンができるビーチもたくさんあるそう。

そういう意味では茅ヶ崎を「関東の南インド」に見立てるのもさほど無理がないのかも。
ちなみに経営・調理は日本の方です。


しかし看板の「南インドカレー定食」という謳い文句にはちょっと感心。
たしかに「南インドの定食」っていうと凄くローカルフードっぽくて一般の方が敬遠しちゃうところ、
「カレー」の文字をはさむだけで、「あ、ちょっと個性的なカレー定食なのね」なんて、敷居がぐっと下がっちゃう。
やはり「カレー」の力は偉大ですね。


店内は鄙びたカラフルさ。
「南インドへ行ってきました」って言っても信じちゃいそうな現地っぷりですね。


食事メニューはベジorノンベジのミールスと、サイドオーダー数種。
ミールスの内容は日によって異なるようですね。

この日はベジミールスを注文。
オーダーが入ってからインディカ米を炊くので少々時間がかかるとのことでした。

その言葉の通り、20分ほどして料理が登場。


★ベジミールス ¥1230
・ナスとジャガイモのマサラ
・サンバル
・ダルフライ
・ポリヤル
・アチャール
・チャツネ
・パパド
・ライス


日本人らしく非常に端正で、美しいミールスですね。


早速すべてを混ぜ合わせ、手食でいただきます。

サンバル含め、すべてのおかずは非常に優しい味付け。
ダルも豆の食感がしっかり残った仕上がりで塩、ニンニクもかなり控えめ。
全体として、スパイス料理というよりも自然食と呼んだほうがしっくりくる、そんなヘルシーな味わいでした。

意外にライスの量があるのでお腹いっぱいではありますが、重たさを感じることは皆無。

なるほど、南インドのカルチャーのなかでも特にアーユルヴェーダ(ま、広すぎるけど)を強く感じるミールスというわけですね。


茅ヶ崎の夕陽が窓辺のゾウを大きく見せてくれます。

ここから海は見えないのだけど、この夕陽の方角から、遥か遠きアラビア海の潮騒が聴こえてくる気がしたのです。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ちょうたら

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:インドカレー | 茅ケ崎駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2100-2daf05c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)