FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

二子新地でダルバート。「チョウタリ」(二子新地)

今夜はダルバートを求めて二子新地までやってきました。


「チョウタリ」
~ ネパールの山道の休憩所 ~


店内は結構広いです。
木のぬくもりを感じるネパール的落ち着き空間。

嬉しいのはお酒の価格。
ネパールビールが各種500円は都心じゃ難しい安価提供!


★焼酎 まろやか芋 ¥450

ほかのお酒も手軽にいただけます。
ネパール料理には芋焼酎が合う故、迷わず注文。

・・・さて、メニューを開けば、ネパールの基本的な料理は一通り網羅。
加えてやはりというか、ナン&タンドリー料理&バターチキン的なメニューも。
(実際にはこちらのほうが売れるんでしょう。致し方なし。)

お目当てのダルバートは、こういう名前での提供でした。

★ネパリディナーセット ¥1350
カレー一種
タルカリ
サグ
ダル
アチャール
パパド
ライス


辛口でお願いしました。
ナンや北インドのカレーを置いているお店ながら、このダルバートではナン選択不可でライスのみ。

ま、ネパール的には当たり前っちゃあ当たり前(焼き魚定食にバゲット合せる日本人がいないのと同様)なのですが、
それでもナンを薦めてくるお店も多い中、ネパール人としてのこだわりを捨てていないのには好感が持てます。


ダルはとろみの強いこってりタイプ。
マトンは甘辛な味わい。

いわゆる「ナンにも合う北インド的クリーミィチューニング」が施された料理をダルバートとして構成した感じ。
ネパール家庭料理のシャバシャバした素朴な感じを求める向きには指向性が異なるかと思いますが、これはこれで充分に美味いです。

ちょっと驚いたのはタルカリの中にタンドリーチキンが入っていたこと。

しかし確かにタルカリ自体さほどルールがあるわけではなく、「野菜を中心として、その時あるものをごった煮」したものだと考えると、閉店間際で残ってたタンドリーチキンを入れて仕上げたタルカリだって、ネパール的には自然なのかもしれません。
(日本の感覚でいえば、野菜炒めにソーセージ混ぜてみたって感じかな)

ともあれ、二子新地という場所で、ダルバートをしっかりメニューにしている時点で素晴らしい。
ネパール人の店員さんたちも穏やかで丁寧、地元に愛されるよいお店だと感じました。


追伸:
二子新地駅に降りたってまず感心したのは、西口改札からの道。
灯り少なく、行き止まりだらけ・・・奇門遁甲の計にかかったかのような迷路度合いが凄い!!
素直に東口から通り沿いに行くか、西口から探検するかはお好みで。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

チョウタリ

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:インドカレー | 二子新地駅高津駅二子玉川駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2064-f1895e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)