FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

銀座ジャイヒンド跡地に新店登場。「北インド・南インド料理 アナム」(銀座/東銀座)

閉店した「ジャイヒンド銀座店」の跡地に新しいインド料理店がオープン。


「北インド・南インド料理 アナム」

あれ?どっかで見たことある名前だなぁと思ったら、池袋「味家」の後に入ったのと同じ経営、同じ名前のお店でした。
(池袋のお店は現在準備のためお休み中)


オープンは2014年2月16日。
まだ外看板などはできていない様子。


内装もほぼジャイヒンドのまま。
レジ横の壁にネパールの写真がかけられているのが変わった点でしょうか。

オーナーのディップリー氏はアジア版ジョージ・クルーニーといった感じのダンディ。
銀座マダムのファンが付きそうですね。

この日は遅めのランチ訪問。
16時までやっているのは嬉しい限り。

ランチメニューはこちら。

北インド・南インド両方のセットに加え、水・金にはビリヤニも提供されるそうです。


★南インドセット ¥1480

カレー二種
マサラドーサ
ライス
ワダ
ココナッツチャトニ
サラダ
チャイ

品数と価格のバランスはやはり銀座、といった感じでしょうか。

ドーサの生地は柔らかく厚め、ワダは油たっぷりジューシーな仕上がり。

カレーはマトンが売り切れだったのでサンバルとチキンを選択しました。
北インドセットと南インドセットでカレーが別ではないので、チキンはクリーミーな北タイプ。
サンバルはもともと南インドのカレーではありますが酸味は控えめ、ドラムスティックなどの野菜は入っていませんでした。

サラダはご覧の通り。


〆のチャイ。

私が訪問したときもオーナーはちょうど外看板の打ち合わせ中。
まだまだ発展途上な感はありますが、熱意はあり。

しばらく見守ってみましょう。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

Annam

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:インドカレー | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

何度も申し訳ございません

カレー細胞様

投稿が上手くできずに、3件も入ってしまいました。
大変申し訳けございません。

Deep Ree

ご来店ありがとうございます

先日は、ご来店ありがとうございます。

店主のDeep Reeと申します。
カレー細胞様のご来店時を、よく覚えております。

だいぶ店も落ち着き、徐々に常連さんもいらしゃるようになりました。

新しい料理長も迎え、さらにおいしさを追求しております。

ディナータイムでしたら、わたくしも毎日おりますので、再度、ご来店いただき、是非、最高のインド料理をお楽しみくださいますと幸いです。

Deep Reeより

ご来店ありがとうございます

先日は、ご来店ありがとうございます。

店主のDeep Reeと申します。
カレー細胞様のご来店時を、よく覚えております。

だいぶ店も落ち着き、徐々に常連さんもいらしゃるようになりました。

新しい料理長も迎え、さらにおいしさを追求しております。

ディナータイムでしたら、わたくしも毎日おりますので、再度、ご来店いただき、是非、最高のインド料理をお楽しみくださいますと幸いです。

Deep Reeより

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/07/03(木) 15:40:02 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

ご来店ありがとうございます

先日は、ご来店ありがとうございます。

店主のDeep Reeと申します。
カレー細胞様のご来店時を、よく覚えております。

だいぶ店も落ち着き、徐々に常連さんもいらしゃるようになりました。

新しい料理長も迎え、さらにおいしさを追求しております。

ディナータイムでしたら、わたくしも毎日おりますので、再度、ご来店いただき、是非、最高のインド料理をお楽しみくださいますと幸いです。

Deep Reeより

ご来店ありがとうございます

先日は、ご来店ありがとうございます。

店主のDeep Reeと申します。
カレー細胞様のご来店時を、よく覚えております。

だいぶ店も落ち着き、徐々に常連さんもいらしゃるようになりました。

新しい料理長も迎え、さらにおいしさを追求しております。

ディナータイムでしたら、わたくしも毎日おりますので、再度、ご来店いただき、是非、最高のインド料理をお楽しみくださいますと幸いです。

Deep Reeより

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2056-189fc5d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)