FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

大正の肉、昭和のカレー。「キッチン大正軒」(有楽町/銀座一丁目)

近年国際フォーラムやらイトシアやらで随分景観が変わった有楽町界隈。
変わらぬ昭和の情緒を求めるなら、東京交通会館の地下へ。

「キッチン大正軒」

東京交通会館がオープンした昭和38年以来営業を続ける老舗定食屋さんです。
もともと、大正3年巣鴨に創業した精肉店の直営とあって、肉の質・量・安さは折り紙つき。
(隣が精肉店になっています)

外からはカウンター9席だけの小さなお店に見えるのですが、実は奥に4人がけテーブルがひとつ。
・・・それでも小さいですけどね(笑)

さて、気になるカレーメニューは、

カレーライス
チキンかつカレー
メンチカレー
ロースかつカレー

の四つ。

やはりここはお肉を狙っていきましょう。


★ロースかつカレー ¥950

出てきた瞬間、うへぇ!と驚く大皿での登場。

カレー自体はまさに昭和のカレーライス。
しかし仄かな酸味と甘みがあり、見た目ほどの重さはありません。

サクサクの衣、脂身少なめの柔らかい豚ロースで作ったカツはボリュームたっぷり。
カレールゥにもしっかりたっぷりの豚肉。

最初のビックリからは意外なほど、ペロリと食べられちゃいます。

近くを通りかかるとひょいと寄って、一食いただきたくなる。
そんな気軽さと、期待を裏切らない定番の美味さが半世紀もの間、愛され続ける秘訣なのでしょうね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

キッチン大正軒

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:洋食 | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2042-26ca2f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)