FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

往時の名店、最後の砦。「サムラート新宿店」(新宿)

正統派インド料理レストランとして一時代を築いた「サムラート」

インド料理といえばバターチキンとナンとタンドリーチキンという「日本での」常識もこの店によるものが大きいのではないでしょうか。

ところが今では渋谷をはじめあちこちにファストフード的な支店を展開。
そのどれもがあまりに低レベルなものですから、「サムラート」の印象は地に堕ちたと言っても言い過ぎではないでしょう。

それでもある年齢より上の世代の方々と話していると「インド料理といえばサムラートが好き」という意見が多く、いかにこの店の影響力が大きかったかが伺え
るのです。

東京のインド料理界を牽引してきた「サムラート」、便利だがクオリティに問題ありのファストフード店「サムラート」。
両者のギャップの大きさには驚くばかりですが、2014年現在、前者の「良きサムラート」の誇りを維持している店が一つだけあります。

「サムラート新宿店」



他の「サムラート」とは一線を画した高級インド料理レストラン。

メニューも全く異なり、カレーは単品で平均1500円といった感じ。

客層も雰囲気相応で、ホワイトカラーや旅行者と思しき外国人率が結構高いです。
有名店ですから、ガイドブックにも載っているのでしょう。


★ハーフ&ハーフ(S)¥450

ヨーロッパを中心とした世界のビールを扱っているのですが、こちらはキリン。


★キーマベーガンマサラ ¥1500

ナスと鶏挽き肉のカレー。
ガーリックが効いた安定の美味さ。


★タワパラタ ¥550

やはりナンがお勧めではあるものの、ロティやパラタ、ジーラライスなども取り揃え。
タワ(鉄板焼き)パラタらしく、油っこさがない食べやすさでナイス。

全体に特定のスパイスが立ちすぎることなく、
特筆すべき尖った点はないものの、安定して間違いない美味さ。

日本人が美味いと思うインド料理のスタンダードであるとも言えるでしょうか。

ただ、様々なインド料理の名店が居並ぶ今の東京において、ちょっとインド料理を食べ慣れた方ならば、
価格に対する付加価値に少し物足りなさを感じるかもしれません。

ともあれ、古き良き「サムラート」の事実上最後の砦。
クオリティを落とさずがんばって欲しいものですね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

サムラート 新宿店

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:インド料理 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2002-fedf0f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)