FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

白銀神龍登場!新着魚 『プリンススネークヘッド(WILDプラチナカムルチー)』

新種スネークヘッドの玉手箱、ミャンマーからまたまた新しいスネークヘッドが登場したようです。


プリンススネークヘッド
学名:Channa sp.(Channa argus var.?)
別名:スーパープラチナスネークヘッド、ホワイトパールスネークヘッド、
チャイニーズプラチナスネークヘッド、プラチナカムルチー
最大長:90㎝?
原産地:ミャンマー?


神々しいプラチナ色に包まれた、マッチョな体躯。
以前インド便でやってきた「プリンススネークヘッド」はインディアンスネークヘッドの色彩変異か近縁種でしたが、
今回の「プリンススネークヘッド」はそれとは全くの別物です。

シンガポールの業者情報によるとミャンマー産ワイルドとのことですが、タイ経由の中国産という別説もあり真偽は不明。


しゃくれたようないかつい顔つき。


遊泳性の高さを物語る流線型のボディ。

現在有力なのはカムルチー Channa argusの色彩変異ではないかという説。
(プラーチョン説もあったようですが、全然違いますよね)

確かに体色以外はカムルチーにそっくりですが・・・分布を考えたらタイワンドジョウのほうじゃないの?なんて考えたり。

・・・で、模様以外にカムルチーとタイワンドジョウを見分ける手がかりである、鰭の条数をカウントしてみました。

背鰭軟条数48、臀鰭軟条数34。

・・・なるほど、この数値は確かにカムルチーです。

中国・朝鮮半島を原産地とするカムルチーですが日本をはじめアジア各地に移入・野生化していますので、ミャンマーの特定の場所に移入されたカムルチーが代を重ねるにつれ変異個体群として固定した可能性はありますね。
魚取沼の鉄魚や春採湖のヒブナのように。

しかし中国の養殖業者が改良した個体を放流した可能性も捨てきれず、あとは情報を待つばかりといった感じ。
但し価格が比較的安価で、入荷数も少なくないことから、それなりの個体数が見込めていることだけは間違いないようです。


この個体は現在体長15㎝ほど。
性格は非常に大人しく、ポリプテルスや7㎝ほどのレオパードクテノポマと混泳しているのですが、ちょっかいを出さないどころかむしろ臆病な振る舞い。
とはいえスネークヘッド、環境に慣れたり成長したりするにつれ性格も変わる可能性がありますから、まめな観察は必要でしょう。


同じプラチナでも光の加減、状態によって紫っぽく見えたり、金色っぽく見えたり。
特に尻鰭と、尾鰭の下半分は状態が良いとメタリックブルーの発色があり、これまた魅力的。

実に神々しい、存在感抜群のスネークヘッドですよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1996-4b68dcea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)