FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

25年続く大阪インパクト系カレーの聖地、いよいよ10/20まで。「ラクシュミ」(四ツ橋)

大阪名物、カレー行列。

東京って実はカレーの行列店って全くないんですよね。

その明らかな違いは、関西には品質本位の小さな個人店が多く、客のほうも舌が肥え美味い店に集まってくる傾向が強いのだと思われます。


こちら「ラクシュミ(らくしゅみ)」もそんな行列店のひとつ。
ネパールやインドのカレーが基本でありながら、異様なほど濃厚なスパイス料理店として、激辛好きと南アジア好きの両方に熱狂的な支持を受けています。

この日は12時前に到着したのですが早くも10人ほどの列。
待つこと40分ほどで入店できたのですが、途中唇ヒーヒーさせながら出てくる女の子、お腹さすりながら出てくる兄ちゃん、などなど・・・流石大阪指折りのインパクト系カレー店といった光景が(笑)

メニューは撮影禁止のことですが、基本は日替わりメニューの中から2、3点チョイスするワンプレートでの提供。
ダルバート方式ですね。

バランスをよく考えながら注文してみましょう。

★三種のカリー(S) ¥1200
チキン
チャナマサラ
セロリのサンバル


これは凄い。


チキンはこれ以上望むべくもない濃厚ビシバシな味わい。
そして確かになかなかの辛さです。
「バンブルビー」や「GHEE」系が好きなら確実にハマるカレーでしょう。
いやぁ、ハマりました(笑)

そして・・・チャナ豆ですら辛い!
チャナ特有のもったりした感じが微塵もない、尖った味わいです。

そして、サンバルの本気度にもビックリ。
たちこめるスパイス香に、たっぷりのトゥールダル。
カレー屋という以上に南アジア料理店としての支持が高いのも納得です。


★にっきチャイ ¥600

シナモンではなくニッキを用いているのは面白いですね。
シナモン的な香りに加え、仄かにピリッとした刺激を感じる気がしますよ。

評判通りの実に素晴らしいお店。

・・・しかし、お会計時に手渡されたお手紙にはビックリする内容が!

「2013 10/20(日)で、現在のラクシュミは閉店致します。
25年間、長きに渡り、ご愛顧頂きました皆様へ感謝致します。
本当に、ありがとうございました。」


ええっ!?

しかしどうやら、お店を畳むというのではなく、店舗リフォームの後、違うカタチのお店として10月30日再オープンするのだとか。

再オープン後は今のようなメニューではなく、ダルや野菜を中心としたメニュー構成で、1800円くらいからの拘り料理を提供する予定だそうです。

多分凄いことになる、新しいお店への期待はもちろんですが、大阪のカレーファンたちを熱狂させつづけた今の「ラクシュミ」、舌の記憶に刷り込ませるなら今ですよ!

急げ!


●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

らくしゅみ

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:カレー(その他) | 西大橋駅四ツ橋駅心斎橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1901-6ee75776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)