FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

梅田のオトナな定番カレー。「ピッコロ ホワイティうめだ店」(梅田/東梅田/大阪)

大阪の定番カレーライスといえば、「インディアンカレー」「自由軒」そしてこの「ピッコロ」でしょう。
いずれも今やカレーチェーンとして大阪に展開する人気店ではありますが、
庶民派を地で行く他の二店と比べ、「ピッコロ」は価格帯も一つ上で「ちょっと高級なカレー」といった位置づけ。

「ピッコロ ホワイティうめだ店」

チェーン展開する前から「行列のできるカレー店」として名を馳せた「ピッコロ」一号店がこちら。

しかしお店自体は2008年にリニューアルし、6席だったカウンターが10席に超拡大!!
そのぶん行列も穏やかになったようですね。

メニューの一番上にビーフがあるのがやはり関西。
昔から関西ではビーフのステイタスがとても高いのです、関東人の想像を超えて。

・・・ということでやはりいっときました。

★スペシャルビーフカリー (ミニ) ¥780

ライスを包むようにどっぷりかかったルゥ。
ミニでも感じる老舗の風格!!


30種のスパイスと野菜、果物、そして肉の旨味を活かしたルゥは、ジャンルとしては欧風カレー。
チャツネの甘み、生クリームのなめらかさ、そして仄かな苦味・・・
ビーフカレーの名店、塚口「アングル」にも通づる丁寧な味わいです。

このリッチさが駅前カレースタンドで楽しめるのですから、行列人気になったのも頷けるというもの。

それと、忘れちゃいけないのがこちら。

ぐるぐる巻きの白菜漬け。
これが塩っけ強くてなかなか美味いんです。

老舗のお店って、こういう他にないワンポイントがあるのが楽しいですね。

ところで・・・ちょっと気になること。

この「ピッコロ」、老舗ということはわかるんだけど、一体創業は何年なんだろ?

お店のメニューには「大阪梅田に生まれて半世紀」と書いてあるのだけれど、
HPには「三十余年前、大阪は梅田に誕生」とあったりして、具体的な年次は書かれていない。
何か、経営上の経緯があるのでしょうか?

せんばと難波の「自由軒」の事もありますしね。

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ピッコロ ホワイティ梅田店

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:カレーライス | 梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪急)東梅田駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1896-b399afa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)