FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

クリント・イーストウッド監督作品『グラントリノ』

不朽の名作の誕生。

『ローハイド』、『荒野の用心棒』から『ダーティーハリー』、『恐怖のメロディ』から『許されざる者』を経て『ミリオンダラーベイビー』と映画史を駆け抜け、
自ら映画の化身となったイーストウッドが78歳にしてたどり着いた純粋映画の境地。
一人の老人が主人公のシンプルな映画が、
全米で興行収入1億1千万ドルを突破したという事実。

あらすじを書くなど野暮。
まっさらな気持ちで映画館に向かうのが一番の映画だと思います。

「恋愛映画が好き」とか、「映画は役者で見るの」とか、
「映画はやっぱりアクションに限る」とか、
そういったレベルを遥かに超えて、
純粋に「映画が好き」な人に見てほしい。

初公開の今、映画館でこの映画と出会っておけば、
きっと数十年後に自慢出来る体験となることでしょう。

なお、イーストウッドは俳優としてはこれが引退作となる見込みで、
彼の俳優としての極みを眼に焼き付ける上でも必見。
加えて、
エンディングに流れる彼自身の枯れた歌声も必聴。

FLYING ROPEFISH!
グラントリノ(原題 Gran Torino)
2008年 アメリカ映画
製作・監督・主演:クリント・イーストウッド
上映時間:120min.
言語:英語・モン語

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事

コメント

4. 無題

>雨音さん

いろんな意味で大切な映画です。

つまり最新の「名画」です。

ただ面白いのが、

男性の評価が異様に高い。

ということ。

確かに、
哀しみとか、
ヒロイズムとか、
厳しさの中の優しさとか、
男の琴線を掻き鳴らす映画なのでしょうね。
お近くのスクリーンにかかった時はお見逃しなきよう。

  • 2009/11/18(水) 13:31:05 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. どうして・・・





こんな



大切な




映画を





私は




見逃して






しまったのだろう・・・・






信じられない(/_;)








  • 2009/11/15(日) 00:38:13 |
  • URL |
  • 雨音 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. Re:悩みます…

>kein3650さん
やっぱりこの映画は劇場じゃないでしょうか。
なぜなら、ゆったり入り込んで観るべき映画だからです。
アクションやサスペンスなど、ただ筋を追うだけを楽しむ映画ならDVDでOKなんですが。

  • 2009/05/06(水) 04:50:04 |
  • URL |
  • ropefish #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 悩みます…

映画館で見るか少し待ってレンタルで見るか…
オススメはどちらか教えてもらえれば幸いです。

  • 2009/05/03(日) 12:59:43 |
  • URL |
  • kein3650 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/177-2b990a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)