FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

東京一チャーハンが美味いネパール店。「maya」[再訪](目黒)

目黒権ノ助坂セザールビル。
一つのビルの中にネパールカレー2店、洋食喫茶カレー2店、カレーハンバーガー1店が入っているという夢のような場所。
この日はネパール料理「maya」にランチ訪問。


2009年訪問時⇒『「Maya(マヤ)」のチベット風地獄カレー(目黒)』
2012年訪問時⇒『スパイス狂の秘かな愉しみ。「maya」(目黒)』

前回記事から歳月が経っていますが、実はちょくちょくランチ利用しています。
何気に好きなお店ですね。

五反田、高田馬場の「maya」とは別経営。
信濃町の「バール=タラ」と姉妹店にあたるお店です。

激辛向けの「チベット地獄カレー」も魅惑的なこの店ですが、私がランチで目当てにしているのは(意外にも)こちら。

★チャーハンセット ¥950

マヤ必殺のチャーハン(ビリヤニじゃないよ)とカレー一品、サラダ、ドリンク、デザートがついたセット。
何故チャーハン?
いやいや実はこのお店、チャーハンが不思議なくらい美味いんです。

元々ネパール料理店は炒めものが美味いところが多いのですが、このチャーハンは別格。
特に変哲もないのですが、「そうそう、こんなチャーハンが食べたかった!」という仕上がりなんです。

そもそも「インド三つ星ホテルのシェフによる本場インド料理」などど謳う店の九割以上は、
「インド三つ星ホテル(で中華料理を担当していたネパール人)のシェフによる本場(ネパールの)インド料理」なのですから、本気で中華料理作ったほうが美味いに決まってる。
それをなまじナンやバターチキン、タンドリーチキンなんかを日本に来てから練習してインド人のふりしようとするから、可笑しなことになるわけです。

その点「目黒マヤ」は明快。カレーと一緒にちゃんと美味い中華チャーハンを出すのですからね。

カレーはラズマ豆カレーもお勧めなのですが、この日はドライ野菜カレーをセレクト。

オクラとジャガイモのサブジですね。
カレーというより肉じゃがチックな見た目・・・肉の代わりにオクラが入っているような具合で。
まぁ、肉じゃがのルーツもカレーですので、あながちズレてはいないと。

このチャーハンとの組み合わせ、インド人シェフの店では絶対食べられないな。


インド料理が食べたきゃ、近所の「ルソイ」に行けば良い。
店内ちょっと暗いですが、ちゃんとインド本場式のナンやカレー、ビリヤニがいただけますから。

だけど私は「マヤ」に足が向いちゃう。このチャーハン&カレーの誘惑に勝てないんです。
きっと、毎日食べても飽きないな。

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル
関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1710-94754f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)