FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

カレーは人であり文化であり体験であるということ。「あちゃーる」(仙台・和泉中央)

前々から名前はよーく知っていたのです。
東京でも、神戸でも、これはというお店では、その名前をたびたび聞いていたから。

仙台ネパール料理のお店「あちゃーる」

仙台だからなかなか行けないな~なんて思っていたのですが、実は仙台駅からここまでの道のりのほうが・・・ちょっと大変(笑)
仙台って、バスがわかりにくいんですよね・・・
しかもお店の周囲は見事に住宅地。
お星様がよく見える・・・といったら素敵ですが、街灯があんまりないんです。

完全に外食の生活導線から乖離した場所。
でもそれはハンデなんかじゃなくて、訪れるお客さんのモチベーションが変化するということでもあります。

いやぁ、はるばるきたなぁ。嬉しいなぁ。

お店の中、写真は撮ってないけど素敵です。
無理にインドやネパールの雰囲気出そうと気張ってないし、でもストイックでかしこまる空間でもない。
一息ついて楽しもう、自然とそう思わせてくれる雰囲気です。

メニューはこれ。どどーん。

「ダル・バート」一品・・・シンプルです。
よく見ると「これがカレーです」と書いてありますね。

この言葉、実にグッときます。

ココイチのお店に「これがカレーです」なんて書いてあったら、
「んなもん知っとるワイ!」って気分にもなるでしょうが(笑)

面白いことにこのお店、注文前にカレー全種類の味見が出来ちゃいます。

マトン、チキンキーマ、豆、野菜・・・どれも美味すぎるのですが、こんなことしちゃって大丈夫?

・・・いや、なるほど。
つまり、日本のカレーライスを食べ慣れたお客や、逆に生半可にインドあたりのカレーに凝っちゃって「インドのカレーはこうあるべきだ」「これはインドであってネパールでない」などいろいろ言っちゃう客に納得してもらうには「実際に食べてもらう」しかない。
その結果が、試食というスタイルなのでしょう。

もちろん、客としてこんなに嬉しいことはありません。
迷いましたが、マトンを選択。いよいよ本番です。

★Daal-Bhat(ダル・バート)¥1200

ダルスープにライス(バート)、その他ムラコアチャールにウタパム、プーリ。
ちょっと面白い構成ですよ。
一般的なインド料理原理主義者(もはや一般じゃないか)の間では、ウタパムは南インド料理、プーリもインドのものと解釈されています。
でも、「これはインドであってネパールでない」などいろいろ言いたい方にこそ、ここに来て食べていただきたい。
なるほど、となるはずですよ。


こちらがマトンカレー。
とっても好きなタイプで、心から幸せになれます。
試食で選んだわけですから、当然といえば当然なんですが!

まぜまぜしながら夢中で手食。
どれか単品を切り出して・・・なんて考えられない。
たしかに全部あって、全部混ぜてこその「これがカレー」なんです。

よく考えてみれば、カレーをパーツで切り出してあれこれ盛り上がるのって、インドやネパールの人から見たらちょっと滑稽かもしれない。
ラッサムラッサム言っていろいろ食べ比べてるのって、外国人が「あそこの味噌汁はキレがある」とか「あそこの味噌汁は深い」とか「あそこの味噌汁はリアルじゃない」とか言ってるようなものだし、
バターチキンをアタマから否定して「グンドゥリュクのほうが素晴らしい」なんて豪語するのも、日本の家庭でハンバーグ出されて「これはドイツの料理だ。リアルな日本じゃない。高菜漬を所望する」なんて言ってるようなもの。

料理って、文化や生活といったコンテクストから切りはなせないものなのにね。


森さんの料理をいただき、お話をしていると、ホントいろいろなことに気付かされます。
まさに一期一会、百聞不如一見とはこのこと。
話は森さんご夫妻のルーツである小岩「サンサール」から神戸「ククリ」、山形「JAY」へ。
私の好きな店、尊敬するお店、憧れの店が点から線へとつながっていきます。
気がつけば、ライスとダルをおかわりしてお腹いっぱい。

実は私、旅先ではいつもディナーの梯子とかしちゃうほど貪欲なのですが、
この日はもう「あちゃーる」だけで充分。
その後夜遊びすることもなく、右手の香りを嗅ぎながらぐっすりと眠りにつくことができました。

まさにカレーは人、カレーは文化、カレーは体験。
やさしくもてなしてくださった森さんご夫妻、どうもありがとうございました。

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

あちゃーる




関連ランキング:カレー | 泉中央駅八乙女駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

Re: 感想

> こんばんは。毎日読んでいます。
> 味噌汁に凝る外国人も、ハンバーグに不満な外国人も
> もしいたら私は応援したいですね。

いつもありがとうございます。
そうですね。
物事には様々な角度の見方があります。実は私もラッサムならラッサム、グンドゥリュクならグンドゥリュク、
突っ込んでのめりこんだりするタイプであります。
しかし、そうじゃない見方もあるのだということに、この店で気づかされました。
ものの見方は一つじゃないということにです。
どちらがどう、というわけではないですが、自戒の意味も込めて。

そういった挑発的な意味も含め、とっても面白い店ですよ!!

  • 2013/04/02(火) 13:38:19 |
  • URL |
  • ropefish #-
  • [ 編集 ]

Re: 初訪問やりましたね!

> ついに行かれたのですね〜森さんアツい方ですよネ!
> ということは、当然山形も行かれたのでしょうか?
> 今度お話聞かせてくださいね。

山形はね、いけなかったんですよ。仙台に用事があったもので。
でも次回是非お見せしたいものがあります!おたのしみに。

  • 2013/04/02(火) 13:33:27 |
  • URL |
  • ropefish #-
  • [ 編集 ]

感想

こんばんは。毎日読んでいます。
味噌汁に凝る外国人も、ハンバーグに不満な外国人も
もしいたら私は応援したいですね。

  • 2013/04/02(火) 00:34:38 |
  • URL |
  • ラッサム好き #-
  • [ 編集 ]

初訪問やりましたね!

ついに行かれたのですね〜森さんアツい方ですよネ!
ということは、当然山形も行かれたのでしょうか?
今度お話聞かせてくださいね。

  • 2013/04/01(月) 21:45:14 |
  • URL |
  • spicecherry #bRqoT2yM
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1675-5817b5bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)