FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

本格イメージの最適化。「ビニタダイニング」(麹町)


麹町「ビニタダイニング」


東陽町や小岩など東京の東側に展開する人気店「ビニタ」の4号店にあたるお店です。


ビルの二階にある店舗はかなり細長く、日本風に言えば「ウナギの寝床」。
(個人的には「アナゴの寝床」と言ったほうがイメージしやすいと思う)


メニューの表紙には若きシェフの写真が・・・いや、ちょっと若すぎるな。


嬉しいことにランチは16:30まで。
ビジネス街ではお昼時に客が集中するので時間がずらせるのは助かりますね。


★プレミアムランチセット ¥1350

・サラダ
・カレー二種
・チキンティッカ
・マライティッカ
・ナン
・ハーフライス
・ソフトドリンク

という贅沢セットを注文してみましたよ。
ナンがでかくてアングル切るのが大変ですね・・・


カレーは海老チーズカレーとマトンカレーを選択。

どちらもかなりクリーミィで、大多数の日本人がイメージする本格インド料理そのもの。
幅広くうける味といった感じです。
チーズはパニールではなく、「とろけるチーズ」系。
マトンにグリーンカルダモンが効いていたのが特徴といえは特徴かな。

辛さ5にしたらカイエンペッパーが結構主張した味になりました。


ちょっと嬉しいのはナンが追加料金なしでプレーン、ガーリック、ゴマから選べること。
せっかくなのでゴマナンを選択しちゃいました。
物凄く写真の色味が黄色に転んでいるように見えますが、そうではなく本当に黄色いナン。
ターメリックたっぷりで二日酔いに効きそうなナンですね。


焼き物がチキンティッカとマライの二種なのも嬉しいところ。
味付けは案外あっさり目でした。


ドリンクはホットチャイ。
器が可愛いですね。

完全に大多数の日本人がイメージする上質リッチな「本格インド料理」。
いわゆる売れ線ってやつでしょうか。

同じ麹町の名店「アジャンタ」のように、本当に本格なリアルインド料理だと、
「辛過ぎる」「コクがない」「水っぽい」などと感じる人が多い国ですからね。
(コクなんて日本的発想ですから)
こういったチューニングは商売としては大事。

ただ、他のよくある「本格インド料理」店ではエベレストの写真が飾られ、メニューにモモがあったりするのですが・・・
この「ビニタダイニング」はエベレスト写真なし、モモなし、ネパール国旗なしの完全インド志向を貫いているあたり、逆に差別化ポイントとなっているかもしれません。

あ、一つだけ見つけちゃった・・・厨房内のシェフがトピー帽(ネパール帽)被ってる・・・

・・・夜は炭焼タンドーリ料理が豊富なようなので、ちょっとしたパーティーにも便利そうですね。

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル


ビニタ ダイニング 麹町4号店




関連ランキング:インド料理 | 麹町駅半蔵門駅永田町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1666-cac8c954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)