FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ブレードランナー家庭の味。「ダリカレーバー」(西武新宿/新宿)

歌舞伎町ど真ん中。
サイケデリックでサイバーパンクでアナクロニズムな小さなバー。

「ダリカレーバー」

異端すぎる見た目、誰も美味そうとは思うまい・・・


私「四つくれ」

店員「二つで充分ですよ」


私「いや四つだ。二と二で四つだ」

店員「二つで充分ですよ!」

私「ではビールとコーラとアマレットをくれ」

店員「分かって下さいよ・・・」


バミューダコーラ ¥700

ビール+コーラ+アマレットが一つに。
流石だ。
なみなみ溢しながらのサーブがいかにもデッドフューチャー屋台的。

さて、カレーメニューは、と。

ビッグカレーライス
ミニカレーライス
ビッグカレー(カレーのみ)
ミニカレー(カレーのみ)

の四種。
というか、よく見りゃ一種類???

店員「一種類で充分ですよ。分かって下さいよ・・・」


★ミニカレーライス ¥500

なみなみ溢しながらのサーブがいかにもデッドフューチャー屋台的。
昔ながらの銀皿に、チキンとジャガイモたっぷりのカレーがどっぽり。

で食べてビックロ、いやビックリ。

私「意外に美味い!!」

店員「確かに意外ですよね・・・」

私「これは・・・日本のカレーのようでいて・・・」

店員「バングラデシュのカレーで。」

私「バングラデシュ人に教わった?」

店員「・・・いや。おーい!!バングラデシュの人!!!」

と、そこで店の片隅でビール片手にワイワイやっていたレプリカント達の群れ。
その動きがいっせいに止まる。
レプリカントたちが道を開け、その奥から現れたのはロイ(ルトガー・ハウアー)。

・・・ではなく、バングラデシュ人ダリ氏。

店の片隅でレプリカントたちとワイワイやっていたのがこの店のボスだったとは!!

ダリ氏
「おいしいかい、それは良かった・・・ありがとう。
これはバングラデシュの家庭の味なんだ。

以前はもっとカレー屋っぽくいろいろやってたんだが・・・この場所だし、うまくいかなくてね。
今はご覧のとおり、バーという形でやっているのさ。
カレーは一つに絞った。日本人の好きなカレーライスの形で。
バングラデシュの人間も米が好きだからね。

でも、スパイスにはこだわってるよ。
このスパイスはバングラデシュのが良い、このスパイスはインドの東のほうが良い、このスパイスは・・・ってね。

カレーの味はどんどん変えている。次来たときはまた違う味が楽しめると思うよ。

・・・おっと、これもどうだ。」


出てきたのは青唐辛子。
流石だ。カレーに混ぜると辛さが引き締まる。

ダリ氏は近くでクラブも経営しているやり手。
お店のデザイン、ロゴ、オブジェ制作などにはかなり有名どころのデザイナーを入れ、趣味丸出しの空間にしたのだそう。

結果、カレー好きがカレー求めてくるような空気にあらず、
しかしよく食べてみればバングラデシュ人と日本人のノスタルジー、家庭へのノスタルジーの共通領域を突いたような味に、「I've seen things you people wouldn't believe.」と呟きたくもなるのです。


ダリ氏
「バーベキューもはじめたんだ。夏場は店もオープンにして、楽しい雰囲気になるよ。
 ・・・え、いつ頃からって?夏だから・・・五月くらいからだね。」


流石だ。
好きか嫌いかは二分するそのハッキリ加減。
一つの方向へと超越していることだけは、確かである。

「All those ... moments will be lost in time, like tears...in rain. 」

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ダリカレー




関連ランキング:インドカレー | 西武新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1657-222de0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)