FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

店名に納得!「サバーイタイランド」(高円寺)

高円寺「サバーイタイランド」

直訳すれば「気持ちいいタイ王国」


かといって、それ的なマッサージ店ではなくれっきとした食堂。
つまり料理で気持ちよーくしてくれるお店ということでしょう。

お店自体はなんだかよくわからないつくりで、ラーメン店の左から入ればちょっとオシャレな店内に。
ラーメン店の右から入れば狭めのアットホームな店内に。
しかし奥ではつながっていて一つの店だという・・・・もちろん入ったのは右側からですよ。


お店に入ってまずビックリしたこと。
お店の方がフツ~に茶飲みながらタイのテレビ番組を観ていたこと。しかも大音量で。
私が入店すると女性のほうは立ち上がって「いらっしゃいませ」と挨拶したものの、男性のほうは微動だにせず。
まさに頑固一徹星一徹状態でテレビを視聴しつづけているわけです。
いや、実は入り口の扉がその男性とテレビとの間にあって、なんだか迷惑な気になっちゃって・・・
いきなりアポなしで一般タイ人家庭に押しかけてしまったような居心地の悪さです・・・(笑)

とはいえとりあえずビールを注文。

★ラオスビール ¥480

いわゆるビアラオです。大好きなビールです。
タイでも東北のイサーン辺りでは食文化はほぼラオスですから、ビアラオは人気なようです。


相変わらず大音量でタイのコント番組を視聴するタイ人男性。
完全にお茶の間ATフィールドを張っています。

白塗りの男や太った禿男が繰り広げるドリフ的ドタバタコントなのですが、ドリフだと「ワハハハ」と仕込のおばちゃんたちの笑いが挿入されるべき箇所に、何故かジャニーズライブ的な「キャァ~ッ」という黄色い嬌声が挿入されるものですから、全く表現意図がわかりませんね。


★ラープ・ムー ¥680

微動だにしないタイ人男性を見かけて、女性のほうがザザッと素早く作りました。
うん、これは辛酸っぱくて悪くないラープですよ。
ちゃーんと炒り米の食感もあって、値段以上のお得感がある一品です。

実はこの店、ワンコインランチなど低価格には定評があるものの、味のほうは「ムムム」と言われていたので、
「ほう、そんなに悪くないやん」という印象。

せっかくなのでもう一品、次はカレー料理(ゲーンではない)を注文してみましょうか・・・

注文を受けたタイ人女性が男性のお茶の間ATフィールドに入り、なにやら話をしています。
「そろそろあんたも働きなさいよ!テレビはどうせ録画なんだからあとで見れるでしょ!」
的なことに違いありません。

タイ人男性、重い腰をついに上げ厨房へ。

コント番組は「一時停止」です。


★タレーパッポンカリーラートカオ ¥780

シーフードカレー炒めかけご飯・・・なのですが物凄いボリューム!!
小食な方は泣いちゃうんじゃないかというほどです。

イカ、エビ、貝柱というシーフードの他、セロリやらシメジやら各種野菜が盛りだくさん。
カレー自体はプーパッポンにも似たオイリー系で、家庭的な美味さっちゃあ美味さです。

なんだ、ちゃんと働けばできるやん。

・・・と思ったその時。

『一時停止解除』再び流れる大音量のコント。

見れば・・・今度は二人でコント観てるし!!

お客いるのにユル過ぎるよ(笑)リラックスしすぎ。

・・・・あ、そうか!

店員さんにとってこれ以上ないサバーイ空間、それが「サバーイタイランド」だったのか!
なんだか色々腑に落ちました。

おそるべきタイランド。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

サバーイタイランド




関連ランキング:タイ料理 | 高円寺駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1645-7e0e552a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)