FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

小さな小さな、インド料理の名店。「バーワルチー」(赤羽)

素敵なお店に巡り合いました。
photo:01
「バーワルチー」


赤羽駅東口すぐの場所にある、4、5席ほどの小さな小さなインド料理屋さんです。
photo:02
TVはワンセグ。

photo:03
ゾウさん(ガネーシュではない)の砂糖入れなど店内はアットホーム。

巷に溢れる「ネパール人によるインド料理店」(エベレスト写真があるのですぐわかります)とは異なり、
こちらのオーナーシェフ、アーナンドさんは正真正銘のインド人。

ナン&バターチキンに代表される日本インド料理の先入観や、インド料理全般を「カレー」というカテゴリに入れたがる固定観念に対抗し、あくまでも「食材の組み合わせ・スパイスの組み合わせによる本物のインド料理」にこだわる、一本筋の通ったお店です。

ちなみに「バーワルチー」とは「料理長」という意味。
かつては赤羽駅西口に店を構えていたそうですが、2012年にこちら東口に移転。
店舗が小さくなった分、単価を下げ、メニューを絞り込んだのだそうですが・・・
photo:04
見れば見るほど、お店の信念が伝わってくるメニュー構成。
「カレー」「カリー」という表記が一つもないのに注目ですね。

photo:05
★生ビール(小ジョッキ)¥280

photo:06
★チキンティッカ ¥500

よくあるチキンティッカのスパイス5割増しくらい。
刻み細かめのアチャールと一緒に食べると最高!

photo:07
photo:08
★パンジャビ・ダルタルカ ¥750

もう、インド料理マニアであればあるほど、このダルタルカがいかにしっかりしたダルタルカか見ればわかるはず。使用している豆は4種、不自然なクリーミーさは一切なく、豆本来のとろみと香りが素晴らしい一品。

photo:09
★パラクマトン ¥850
シェフが「日本一のパラック」と自負するだけあって、ほうれん草の艶のある緑が美しく、ほうれん草の香りと旨みが楽しめる一品。
日本人に合わせ無理にカレーっぽくしようとしていないのが良く、これだけでもバクバクいけちゃう感じです。もちろん、マトンもたっぷりですよ。
photo:10
★ロティ ¥300/枚

このロティ、素朴ではあるけれど、とっても美味い!・・・いや、素朴であるからこそ美味いというべきか。
素材本来の、料理本来の味を追及するお店の一貫した姿勢が、このロティ一枚にもしっかりと感じて取れるのですね。
おかず(あえてカレーとは言いませんが)一品一品が自然な美味さであるだけに、素朴さがしっくりマッチします。
photo:01
★マトンカレー

こちらはサービスでいただいた一品。(メニューにはない品)
この日いただいた唯一の汁物です。
シンプルですが、スパイスのバランスが絶妙。一気に飲み干してしまいました。

photo:03
★グラスワイン ¥450

かしこまったレストランではない、小さな屋台的空間がどんどん心地よくなってきました。

店主のアーナンドさんは日本のインド料理レストランの事情に非常に詳しく、北インド料理、南インド料理、ネパール人の店、日本人の店、インド人の店・・・およそ東京のインド料理店事情はほぼご存知なのではという事情通ぶり。
しかもこのお店の料理同様、他店の評価にも一本筋が通っており、歯に衣着せぬお話がどんどん出てきて実に痛快。
ただ一貫して感じるのは、「本物のインド料理を楽しんでほしい」という、アーナンドさんの強い思いなのです。

photo:02
★アルパラタ ¥400

アル=ジャガイモが入ったパラタ。
ナンベースとロティベース、どちらがいいか訊かれたのですが、ここはやはりロティベースで。
薄いロティ生地にマッシュされたジャガイモがしっかりサンドされています。
沖縄のヒラヤーチーや韓国のチヂミのように、単品でもしっかり楽しめる一品。
そう、やっぱりここはどんなに小さくても「カレー屋」ではなく「インド料理屋」なのですね。

最後にもう一品。
「他にはないここだけの味」といわれたら、注文しないわけにはいかないではないですか!!
photo:04
★チキンベイガン ¥850

おぉ!美しい!!
鶏モモ肉、胸肉、ナスにトマト、玉ネギ、ショウガでザザッと仕上げたワイルドな品。
これがまた濃厚スパイシーで美味いのなんの。
確かに、ナスを使ったインド料理でこのようなものは食べたことがないかもしれません。

ここまで色々いただいてみて、「移転に際し、メニューを絞った」という理由は明白。
全ての料理が手抜きなし、ベースも味付けもそれぞれ違った完成度なのですから。

アーナンドさん曰く、「心をこめて作らなければ、美味しいと感じてもらえない」ということで、一つ一つの料理を真心込めて作るには、今のメニュー数が適正ということなのでしょう。

お店の前の幟に「食べたらわかる」と書いてあったのですが、まさにその通り。
誤魔化しなしの味で勝負!の小さな名店。

インド料理マニアならほうっておくことはできませんよ。

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

バーワルチー




関連ランキング:インド料理 | 赤羽駅赤羽岩淵駅

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

Re: ropefishさんの事

それは嬉しいですね。

バーワルチー、実はかなり珍しい料理を用意してくれるそうです。
近々再訪したいと思います!


今日、バーワルチーに行ってきました。
> オーナーが色々と語ってくれ、ropefishさんと、カレーおじさんの事を、本当にインド料理の事を解っている人達だと言ってましたよ。
> ropeさんには、一度お会いしただけなのですが、そう聞いて私も嬉しかったです。
> 新しいお店に行く時には、ropeさんのコメントを参考にさせてもらっていますが、やっぱり間違いないと思えました。
> これからも参考にさせてもらいます。

  • 2013/06/08(土) 03:45:33 |
  • URL |
  • ropefish #-
  • [ 編集 ]

ropefishさんの事

今日、バーワルチーに行ってきました。
オーナーが色々と語ってくれ、ropefishさんと、カレーおじさんの事を、本当にインド料理の事を解っている人達だと言ってましたよ。
ropeさんには、一度お会いしただけなのですが、そう聞いて私も嬉しかったです。
新しいお店に行く時には、ropeさんのコメントを参考にさせてもらっていますが、やっぱり間違いないと思えました。
これからも参考にさせてもらいます。

  • 2013/06/04(火) 23:16:54 |
  • URL |
  • kajol #oL3vnBpM
  • [ 編集 ]

Re: 行きました!

語りますでしょう(笑)
良いこともそうでないことも、ズバリ語るでしょう(笑)
でも味は本物ですよね!

  • 2013/03/17(日) 02:11:57 |
  • URL |
  • ropefish #-
  • [ 編集 ]

行きました!

おじさん、語りますね!
rumbaさんが私がropeさんのブログでアジアンパーム行ったの見て、バーワルチもぜひ行ってと言われ、お二人の名前出したら、延々と語ってくれましたwwww

  • 2013/03/16(土) 12:32:48 |
  • URL |
  • mamiot #-
  • [ 編集 ]

1. どのメニューも美味しそうです!

これだけ本格的なカレー屋さんが、
赤羽にあったなんて!
というくらい写真から美味しさが伝わってきます。
今度、赤羽に行った時は是非とも訪問してみたいです!

  • 2013/03/04(月) 12:17:18 |
  • URL |
  • もも。 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1639-724e35b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)