FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

地下街の小さな宝箱。「ベトナム料理ビストロ オーセンティック」(浅草)

photo:01
浅草地下街。
日本はアジアなのだということを肌で実感できる、混沌とした空間。

実際ここには、東南アジア料理の名店が二つあるんです。

一つはタイ屋台料理「モンティー」

そしてもう一つがこの、「ベトナム料理ビストロ オーセンティック」
photo:02
カウンター7席と、店外にせり出した「仮設」テーブルのみの小さなこのお店、
実は並みのベトナム料理店とはバックボーンがまるで違うのです・・・・
photo:02
オーナーシェフの中塚さんは、実に凄い経歴の持ち主。


20年以上フランス料理に従事し、地元岡山で数店で料理長を務めたあと上京。
東京では、エスニック料理の魅力にはまり、そんな中、ふと訪れたベトナムの魅力に傾倒。
ベトナムへ通いつめ研究を重ねた中塚さんは、六本木のベトナム料理店「ベトナミーズ・シクロ」で足掛け7年調理長を務めることに。
当時このシクロはオシャレなベトナム料理店の先駆けとして有名で、
中塚さんも数多くのTV番組に出演しながら、ベトナム食材の輸入促進やベトナムの食文化を広く知らしめるために尽力。
著書に「カンタン、おいしい、ベトナムごはん。」。
「日本ベトナム料理文化研究会」(ベトナム大使館認定)会長。


・・・その後独立した中塚さんは2007年、高円寺に「オーセンティック」という名のお店をオープン。
「正統派」という意味の店名は「可能な限り現地の味に近づけたい」という思いからだそうです。
高円寺という場所を選んだのは、「昔ながらの商店街のような場所」でふらっと立ち寄ってベトナム料理を食べてほしいというイメージがあったようですが、それほど順調ではなかったのでしょうか、2009年に高円寺「オーセンティック」は閉店します。

それから一年余り経ったある日、浅草地下街を訪れ、評判のタイ屋台料理「モンティー」で一杯やっていた中塚さんは、
ちょうど路地の向かい側の小さなスペースが空いていることに「偶然」気付きます。

昔ながらの商店街、東南アジアを思わせる独特の空気、この小さな場所でもう一度・・・・

そうして中塚さんが、パートナーの森泉さんとともに始めたお店、それが浅草「ベトナム料理ビストロ オーセンティック」なのです。

オープンは2011年3月10日・・・そう、開店2日目にあの3.11だったわけですね。

そんなタイミングにもめげず、夏は蒸し蒸しする環境(東南アジアっぽいといえば聞こえは良いですが)にもめげず、
評判は評判を呼び、いまや「モンティー」にもひけをとらない人気店に。

やはり、中塚さんが歩んできた軌跡がこの小さなお店に、そして料理にこもっているのでしょうね。

さて、この「ベトナム料理ビストロ オーセンティック」
「ビストロ」とあるように、お酒を飲みながらあれこれいただく小皿料理が中心のラインナップ。
(もちろんコースもありますが)
価格設定は他店と単純比較すれば安くはないのですが、素材重視、品質重視の大人のお店といった感じです。
化学調味料不使用というのも大きなこだわりですね。


photo:03
★ネプモイ ソーダ割り ¥550

ナッツのような独特の香りが魅惑的なベトナム焼酎。
可愛いグラスも素敵です。

photo:04
★トム・コー・コー・クエット ¥500

干し海老の香菜風味甘辛煮。
これがお酒のつまみに最高!!
ご飯にかけても良さそうですね。

photo:05
★ネプカム ソーダ割り ¥550

お酒が進みます。
こちらは赤もち米を用いた焼酎。
ちょっと紹興酒っぽい風味もありますよ。

photo:06
★キャット・フィッシュの香味揚げ ¥880

キャットフィッシュつまりナマズの揚げ物。
といってもタイ料理のナマズのようにナンプラーや香辛料をビシバシ効かせた感じではなく、
驚くほど繊細な、フワッとした白身を薄い「カレー風味の」衣で包んだ、気品ある仕上がり。
臭みや小骨は全くなく、パクチーが乗っていなければフレンチと見まごうほどの上品さです。
フランス統治下にあったベトナムの特上料理といった感じで美味!!

photo:07
★ベトナム産カエルのレモングラス・チリ炒め ¥1450

以前からベトナムのカエル料理を提供したかったと語る中塚さん。
しかし日本に入ってくるカエルは台湾産の肉が少ないモノばかり。
しかし、ようやく念願のベトナム産カエルを仕入れるルートを確保したようで、完成したのがこの料理。

中華料理店などでたまに見かける、骨についた肉をしゃぶるようなカエル肉とは全く異なり、まさに肉厚プリップリ!
ウズラ肉?と思うほどのボリュームです。
照り焼きのような濃厚な味付けも嬉しく、これはいままでで一番美味いカエルです。

photo:08
★ベトナム ダラートワイン 白 ¥600

地下街でだら~っと過ごすのに最適なベトナムワイン。
お店の外のテーブル席はまさにバーチャルなベトナムの街角、とっても心地よいです。

photo:09
★紫山いもとたたき海老のスープ ¥1200
★ジャスミンライス(小) ¥200


超レア食材、「紫山いも」を使用した限定メニュー!!
南部ホーチミンの名物スープらしいのですが、なるほど!トロロのような食感もあり面白い!!
干し海老と生海老の両方が用いられており、その香ばしさは神戸中華粥の名店「杏杏」を思い出してしまいました。
是非、ご飯をあわせてみてください!!

photo:10
★シャンロータス ロック ¥600

ベトナムといえば蓮。
これは蓮のリキュールです。
デザートワインのような感覚で!!

photo:01
★自家製バインフラン ¥450

クラッシュアイスが乗ったベトナム風プリン。
なんと合鴨の玉子を使用しているそうで、確かに舌触りが他のプリンと全く異なります。
これは美味い!!

さすがはいつも満席の人気店。
巷のベトナム料理店とは一味も二味も違う気品ある料理の数々を堪能させていただきました。
職人気質な風貌の中塚さんも、とっても親切で物腰柔らかく、ベトナムのお話などまだまだお聞きしたいと思うほど。
基本カウンター7席の小さなお店ですが・・・10人以上の予約でも柔軟に(笑)対応していただけるとのことでした。
(今まで最高は16人だそう!)

ベトナムであり、ビストロであるのに、なぜか浅草の空気にピッタリとマッチしたこのお店。
ここにお店を開くことになったのは偶然などではなく、必然だったのかもしれませんね。

↓一日一回。クリックはこちら 
 

オーセンティックベトナム料理 / 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)本所吾妻橋駅

夜総合点★★★★ 4.3


関連記事

コメント

2. いいね!

アオヤイに続いて、ここにもベトナム激マニアの亭主がいたのですか!

今日偶然テトのイベントがありまして、ベトナムの濃い方々と会ってきた所でしたので、これは教えてあげたいですね~。

もしかして、ここならチェリーさんも目覚めるかな・・・??

  • 2013/02/17(日) 00:31:04 |
  • URL |
  • 星餓 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 行きたいのですが

早く行かなくっちゃ!でも、予約が面倒くさいんです、ここ。ふらりと一人で立ち寄りたいです。

  • 2013/02/17(日) 00:06:03 |
  • URL |
  • spicecherry #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1627-a4c3f3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)