FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

渋谷表現主義。「カリガリ」(渋谷/表参道)

いまや渋谷の人気カレー店「カリガリ」


photo:01
元々は銀座の老舗クラブで裏メニューとして出していたココナッツカレー。
それを独立店舗として提供するようになったのは2006年頃、かな?
photo:02
当時は(もちろん今でもやってますが)ケータリング対応のカレー屋さんができたということで、
「もうやん」や、今はなき「58(ゴッパ)」に続くニューフェイスとして撮影現場に来てもらったり。

そんな感じでしたね~

その後「インド人完全無視カレー」って限定メニューが話題になったりもしました。
興味本位で「カリガリ」に行ってみた人が、「あ、結構美味いやんけ」なんて話題にしてこのプロモーションも大成功!多分。
photo:03
そんな話題にこと欠かないお店、でもオリジナリティたっぷりの実力派。
それが「カリガリ」。

お店に入ればいきなりBGMが「スマトラ警備隊」。
良いですね。とても良いです。
photo:06
たしか昔「カリガリ」って店名由来聞いたことあるんです。
ドイツ表現主義と関係あるんですか?って。
そしたら「カリガリ博士」は観たことない風で、「語呂が良いので」といった感じでした(笑)。
・・・たしか、そんなユルい感じで。

photo:04
★両がけ2色カレー ¥800(カリガリカレー+インドカレー)
★串カツ +¥90


合いがけにできるお店は合いがけにする。
ケータリングでも合いがけOKだったはず。

看板メニューのカリガリカレー(右)はバリバリのココナッツカレーながら、
日本のカレー的とろみがある独特な仕上がり。
「タイカレー的なものでしょ?」と思ったら全然違う。
そういう意味で「58」のカレーはちょっと近かったんだよなぁ。

そしてインドカレー(左)。
「インド人完全無視カレー」を作るような店ですから、インドのレシピに忠実なわけはありません。
がっつりココナッツ使ってます。
しかしカリガリカレーなどと比べるとスパイスが立っていて、確かに当社比インド寄り。

photo:05
小さなお店ですが、無線LAN完備。
渋谷っ子の痒いところに手が届く感じはさすがです。

photo:07
現代美術家の施井泰平氏によるアートディレクションも見もの。

いろいろな意味でカレー屋として文化を発信し続ける、とっても現代的なお店。
今日も楽しく頑張っていますよ。

↓一日一回。クリックはこちら 
 

カリガリカレー / 渋谷駅表参道駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1615-2c328f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)