FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

溜池ワーカーはグリーンカレーの夢を見るか。「Basil(バジル)」(溜池山王/赤坂)

昨年秋、溜池山王の路地に忽然と現れたアメリカンな標識。
photo:01
「Basil 営業中」

標識に沿って路地を進むと・・・・

photo:02
『グリーンカレーが自慢のお店』 発見。

photo:03
「Basil(バジル)」

オープンは2012年9月18日。

photo:04
メニューには「グリーンカレー」のほか、
レッドカレーをベースにした「タイ風カレー」、
ちょっと懐かしい仕立ての欧風「ライスカレー」がラインナップされています。

「タイ料理店」ではなく、あくまでも「グリーンカレーをメインにしたカレー専門店」ですね。
それでは入ってみましょう。

photo:05
こじんまりとした隠れ家風の店内は手作り感あふれるオールドアメリカンスタイル。
この内装も、先ほどの道路標識風看板も、すべてマスターとその知り合いで作り上げたものなのだそう。

この日の訪問は夜。
カレー+タンドリーチキン+コロナビールで1480円という「夜のカレーセット」を頼んでみました。


photo:06
★コロナビール

もちろんライム付き。
キンキンに冷えてて美味いです。

photo:07
★グリーンカレー

お店の看板メニュー。
ベースはタイのグリーンカレー(ゲーンキョワンガイ)なのですが、
レモングラスとパクチーを使わず、油もほとんど使わないという、オリジナル仕立て。
サラッと食べられ胃にやさしい仕立てながら、しっかりピリッとするあたり、工夫されたバランスです。
美味しいですね。

photo:08
★ターメリックライス&バゲット&ピクルス

まずターメリックライスをあわせるあたり、タイカレーであってタイカレーでない。
ココナッツたっぷりのスープカレー気分で浸しながら食べるのが良いですね。

そしてバゲット。これがとっても良い感じ。
旧フランス領だったベトナムだけでなく、タイのホテルやレストランでもバゲットを合わせるところはありますが、
このバゲットはちょっと特別仕様。
カレーに漬けたときよく味がしみこむよう、キメを粗く、軽く仕上げているのですね。
グリーンカレーをジュッと浸みこませたバゲット、なかなかのものですよ。

ピクルスももちろん自家製でした。


photo:09
★タンドリーチキン&ターメリックライス

焼きあがりまでちょっと時間がかかったタンドリーチキン。
是非ライスと合わせて食べて欲しいとのことでライスを追加していただきました。
ジューシーな肉汁がライスに浸みて、うんこれはお酒が進むぞ!!

どの品もシンプルながら、手作りならではの味わいに満ち、よくバランスの取れた味付け。
そして面白いのはどの料理もコロナに合う(笑)

がっつりエスニックなグリーンカレーならタイ料理店に行けばよいわけですが、
このお店の楽しみ方はそれとはちょっと違うもののように思えます。
コロナビールとグリーンカレー、そこにバゲット。たしかに独特。

開店当初はなんと、都市ガスを引くことができずプロパンで頑張っていたため、
カレーを仕上げるには火力が足りず随分と苦労したようですが、
(食べログにもその頃のレビューが上がっているのが手痛いですね)
今は晴れて都市ガスも完備(笑)、万全の状態でカレー作りに励んでおられます。

ランチ、テイクアウト、そして夜の飲み食い場として、この辺りでは非常に貴重なお店。
マスターご夫婦の接客も温かく、なんだか応援したくなるお店ですね。

photo:10
皆様も是非。

↓一日一回。クリックはこちら 
 

Basilタイカレー / 溜池山王駅国会議事堂前駅赤坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1605-4aa90c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)