FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

デパ上で、自家製生麺フォー。「ザ マジェスティック レストラン」(池袋)

photo:05
意外と楽しいデパ上レストラン街巡り。
池袋西武にできたベトナム料理店「ザ マジェスティック レストラン」。

店名はメチャ高級そうですが・・・全然そんなことはありません。


photo:07
気軽に入れる気楽なお店。


photo:04
実はここ、首都圏の駅ビルあたりに展開するP4グループの一店なのですが、
ここにしかない特色を持っているんです。

それは、国産米と玄米を用いた、自家製の生麺使用のフォー。
なんと店舗で毎日製麺する、出来たて麺なのだそうです。

東京で生麺フォーをいただけるなんて、他には高円寺の「チョップスティック」くらいでしょうか。



photo:03
まずはクーポンで生春巻きをゲット。
野菜シャキシャキ、皮モチモチ、海老も大きくプリプリと、これがサービスなんて嬉しすぎますよ。



photo:01
鶏肉のフォー ハーフサイズ ¥500



これが噂の生麺フォー。
ハーフといえどこの価格はお値打ち。


photo:02
よくあるゴムのようなノビがある乾麺使用のフォーとは全くの別物。
ニュルっと柔らかく、箸で持ち上げたら千切れてしまうほど。

コシ、という基準でみれば、コシの全くない麺。
しかしどうやら現地フォーの再現度でいえばなかなかのもの、ということらしい。

およそ味というのは「美味い」「不味い」のワンスケールではなく、その文化や環境によって基準はまちまち。
日本人的な「コシ」や「コク」といった独自の評価基準で世界の料理を測ってはいけないのですよね。

食べ進むにつれ、この麺のニュルニュル感にも慣れ、これはこれじゃなくちゃいけない気になってくるのが不思議。
食文化というのは面白いものですね。

ちなみに高円寺「チョップスティック」の生麺フォーは、ここよりも全然日本人的な評価基準にチューニングした感じ。
モチッとツルッとした喉ごしで、そちらもなかなかの味わい。
興味ある方は食べ比べてみるとよいでしょう。



photo:06
ベトナムコーヒー ¥450

やっぱり締めはこれですね。
ま、よく考えてみたらこのベトナムコーヒーも、
日本人的な珈琲の評価基準、苦味、コク、酸味なんてベクトルとはまったく別の次元。
でも、美味いからよいのですよね。

↓一日一回。クリックはこちら
    

ザ・マジェスティック・レストラン 西武池袋店ベトナム料理 / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1529-8a5683a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)