FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ひつじ尽くしとビールの原価。「ビストロ ひつじや」(代々木/南新宿)

代々木の人気店「ビストロひつじや」
photo:03
日比谷の「おいしいカレー工房 ひつじや」と姉妹店にあたりますが、
あちらがインド料理のお店であるのに対して、こちらは世界各国の羊料理を中心とした多国籍ビストロとなっています。
photo:06
羊、という軸で切っていますから、日本ではあまりなじみの無い国の料理もあったりして、
なかなか興味をそそります。
photo:13
広々とした店内、しかし人気店ゆえ、満席にはご注意。
突撃して、一体何度振られたことか・・・・
photo:04
さすがはビストロ、料理だけでなく、お酒も充実。
特にビールとワインは世界中のものを取り扱っているのですが、注目すべきはその値段。
なんとすべて原価+¥100での提供なのです。
結果、驚くほど安いのに加え、ここに来ればお酒の原価がわかってしまうという、飲食関係者には嬉しくない仕組み。
メニューに無くとも、飲みたいビールやワインがあれば、予め注文することで用意してくれるということも。
photo:01
レバノンビール ALMAZA ¥360
これは珍しいビール・・・原価は260円ですね。
西アジアの暖かい乾燥地帯らしく、ほのかな苦味とサッパリした飲み口でした。

photo:02
ひつじのチーズ ¥680

キプロスのハルーミという料理だそうですが、塩気強く焼いた羊のチーズは、
雲南料理など、シルクロード周辺の料理で食べられるものでもありますね。
酒のつまみに最高。
photo:08
アフガンステーキ ¥980

羊のステーキは何種類かあったのですが、アフガン風でお願いしました。
どのあたりがアフガン風なのか、詳しくないのでわかりませんが、よく焼いた噛み応えのある羊肉でした。
photo:09
モンゴルのしゅうまい ¥520

チベットのスィーマイに似て、上がオープンになっているタイプ。
皮がもちっと粘り気あるため、箸でつまむと分解してしまうという欠点がありながらも、
なかなかおいしい一品となっています。

さて、陽気な店員さんが言うことには、このお店、魚料理がお勧めとのこと。
ひつじやだから、やっぱり羊でしょ?という突っ込みも受け流し、持って来たのがこちら。
photo:15
おっと、なかなかマニアックな魚を仕入れていますね。
わかりました。お願いしちゃいましょう。
photo:07
タカノハダイの地中海風アクアパッツァ ¥2000

いやぁ~、どこがひつじやなんでしょう・・・
タカノハダイはスズキの仲間でありながら、肉には結構脂がのっており、
ちょっとタラのような食感でもあります。
見た目の華やかさに比べて、味付けは比較的控えめ。
新鮮な魚を使っていますからね、そういうことでしょう。
photo:12
スロベニアワイン ¥330

ワインもマイナーなやつを頼んでみました。
それにしてもお酒安いなぁ。
ガツンと濃厚な、渋いワインでした。
photo:10
ひつじの脳みそ バングラデシュ風 生唐辛子の炒め ¥1290

いやぁ、締めにこれ、持ってくるかい?
迷える子羊で言うところの、迷っている部分ですよ。
生の赤唐辛子と、ニンニクがどっぷりたっぷり。
濃厚な脳みその味わいとあいまって、なんともズシッとオイリーな一品となっています。

いちおう、バングラの脳みそカレー、ということになるのかな?
photo:11
自家製チーズケーキ ¥530

脳みそで締めはさすがにアレだったので、口直しのチーズケーキを注文してみました。
ふわっと軽く、スフレテイストのチーズケーキ。
たしかに美味い・・・ですが、脳みその後にチーズケーキってのも、ちょっとアレでしたよ。
photo:14
ナニコレ!?っていうような珍品料理がメニューに並ぶ割には、
食べてみたら非常にオーソドックスな食べやすい味付け(脳みそは除く)で、だれもが美味しく楽しめる、そんなお店。
普段エスニックでスパイシーな料理を食べているような人も、パスタとが好きで辛いものは苦手な人でも等しく、
ちょっとしたサプライズとともに満足していただけそう・・・

加えてお酒がこれほど安いとあっては、そりゃ人気も出るはず。
ちょっと気が利いた飲み会などに最適な、非常に使えるお店だといえるでしょう!

↓一日一回。クリックはこちら

Bistro ひつじや (地中海料理 / 代々木駅南新宿駅新宿駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメント

1. ハルーミ

フェタに似てるけど専門店でしかなかなか見かけないのよね。キプロス人はこれを粗めにすり下ろして乾燥ミントの葉と混ぜてタッパーで常備してるよ。ペンネボロネーズを作るときにお皿にたっぷり敷いてからペンネを盛りつけてさらに上からもたっぷりかけて食べるとどことなくイタリアンと違う異国の味になってめっちゃくせになるからお試しあれ~!

  • 2012/06/10(日) 05:07:41 |
  • URL |
  • 遊香 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1360-7c86de0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)