FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

札幌スープカレーの模範。「スープカリィ厨房 ガネー舎」[再訪](新橋)

久しぶりの訪問となりました「スープカリィ厨房 ガネー舎」。
(前回の記事はこちら
photo:05
東京23区内に初めて進出した札幌スープカレーのお店であるとともに、
スープカレーの元祖と言われる札幌「アジャンタ」の正統なる系譜を受け継ぐお店です。

札幌の「アジャンタ」はちょっとしたお家騒動の影響でいろいろな同名店が出て、
(本家本元の店と「総本家」が別経営なんてややこしすぎます)難しい状況になっているのですが、
この「ガネー舎」は、本家本元の「アジャンタ」から正式に認められた暖簾分け店だそうです。
photo:06
photo:02
なのに何故「アジャンタ」を名乗らないのかといえば、
ほら、東京には有名なインド料理店「アジャンタ」があるではないですか。
photo:03
具材や辛さを自由にアレンジしてカスタマイズするのが前提なスープカレー店が多い中、
ここのメニューはシンプル。
それほど迷うことはありません。
photo:01
とり野菜カリィ ¥1300
ガネーの心臓 +¥100


はじめてここを訪れる方は、まずこのメニューから始めるのがよいでしょう。
チキンレッグは札幌スープカレーの基本中の基本。
それに野菜が加わったこのカレーは、見た目にも華やかで非常にバランスのとれた仕上がり。
まさに札幌スープカレーの模範であり、真髄であります。

ちなみにこのお店、辛さアップの仕方がちょっと変わっていて、
よくあるお店のように唐辛子をガンガン足していくのではなく、
個性的なブレンドスパイスのラインナップから自由に選んでトッピングしていくという方式。
ですから、単に辛さが増すだけではなく、様々な辛さの種類を味わうことができるのです。

ちなみに「ガネーの心臓」とは島唐辛子のブレンドスパイス。
とってもお気に入りです。

photo:04

久しぶりの訪問で思ったこと。

やっぱりここ、美味しいわ。

確立した味をしっかり継承しているからこそ、飽きることなく、また食べたくなるということなのでしょう。
これからは、ちょっと訪問頻度を上げてみよう。

↓一日一回。クリックはこちら
 
関連記事

コメント

1. なんか

薬膳効果かホカホカする感じがしますよね。
美味しい^^

  • 2012/05/06(日) 12:29:15 |
  • URL |
  • Tak@. #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1281-fb9468b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)