FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

スープカレー、ラーメンに還る?「元祖札幌や 溜池店」(溜池山王)

スープカリーという独自の料理が札幌の地を発祥とし、
札幌の地で栄え、今に至る背景には、
札幌ラーメンというスープ料理文化があらかじめ根付いていたことが非常に大きい。

もちろん、インドやスリランカのサラサラカレーや、
韓国のカムジャタンなどの要素もあるだろうが、
最終的な決め手は調味料と具材をたっぷりぶち込んだスープに炭水化物を漬けることで暖を取る、
札幌ラーメン文化こそが、札幌スープカレー文化育ての親なのだと思う。
photo:01
「元祖札幌や」

都内にも広く展開する札幌ラーメンチェーン。
ここにちょっと興味深いメニューがあります。
photo:02
札幌ラーメンと、札幌スープカレーが出会い、出来たメニューとのこと。
前述のような背景を鑑みれば、まるで従兄妹同士が結婚してできた子供のように感じますね。

早速試してみましょう。
photo:03
濃厚白味噌スープカリーらーめん ¥750

見た目は普通の辛味噌ラーメンです。
特に強い加齢臭・・・もといカレー香がするわけでもありませんね。

食べてみます。

お、確かにカレー味がする。
しかし、それ以上に味噌の味がするので、
カレー風味の味噌ラーメンといったところでしょうか。

デフォルトではさほど辛くはないのですが、
メニューの説明には、卓上ラー油を入れると辛くなる旨書いてあります。

そりゃそうだ、と思いながらもラー油を足せば、予想通り辛くなった。

しかし、予想通りカレーからも遠ざかり、よりラーメンらしくなりましたよ(笑)

あらためて気づいたこと。
スープカレーという料理、ジャンルの中心イメージはあれど、
ジャンルを他と分かつ輪郭はないという、なんとも特異な料理なのですよね。

これ、一筋縄ではいきませぬな。

↓一日一回。クリックはこちら

元祖 札幌や 溜池店ラーメン / 溜池山王駅国会議事堂前駅赤坂駅

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1270-86a426fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)